Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年ホーム最終戦での事。2点リードを最後の最後に追いつかれ、後味の悪いゲーム。
スタジアム外周で1人のサポーターが沼田社長に対し、「クラブのサービスが飛びぬけて悪い!」と
溜まった思いをぶつける光景を目にしました。おそらく試合展開のストレスもあったでしょう。

私が周辺のゴミ拾いを終えその場に戻ると、まだ同じ状況が続いてました。15分ほど経つにもかかわらず。
(気持ちはわかるけど、ちょっとしつこいよな。社長も忙しいんだから適当な所で切り上げて良いのに)
そんな私の感想をよそに、神妙な顔で意見(あるいは愚痴)に耳を傾けていた、彼の姿が残ってます。

沼田社長は本当に不思議な人物です。資金力に乏しい水戸というクラブへ柱谷監督や鈴木強化部長、
村松ジュニアコーチなど、サッカー界の著名人を招へいする(萩原GMの存在もあるかと思いますが)一方で
トイレ掃除や砂袋運びといった、およそ立場に似つかわしくない作業も嬉々として取り組んでいる。


クラブ代表ならどっしりVIPルームに構えて来賓対応すべき、と思わなくもありませんが
「作業で社長に負けるか!」と妙な裏方魂が刺激され、結局こちらも頑張ってしまう。
これはおそらく、市民クラブが行き着く理想のひとつだと思います。

いわゆる『トップダウン型経営』のチームが次々と経営危機を迎える中、ここ数年黒字を続けている
水戸ホーリーホックは、いち関係者も意見を言いやすい『ボトムアップ』の自由闊達さがある。
「自分の希望なんて、ほとんど実現しないよ!」と反論もあるかと思いますが、
もっと根本的に息苦しさを感じるクラブは沢山あると、体験として私は知っています。

ホームゲームで勝利した時の「万歳三唱」は、沼田社長が作ったサッカーを楽しむ文化のひとつ。
ライセンス問題でとてつもない足止め感を食らっている現在ですが、
彼の力がなければ2011年の段階でチーム解散となっていた可能性も充分ある。
それを幸せと取れるかは微妙だけど、「とりあえず生きている」奇跡を噛みしめるべきです。


そんな沼田社長が今月ホームタウン活動でサッカーをした際、アキレス腱断裂の大怪我を負いました。
皮肉にもチームを育ててきた「率先垂範」が、裏目に出た形。今頃は手術を終えて病室の中でしょうか。
ふだん陽気さを装っていても、無力感に襲われているかもしれません。

水戸ホーリーホック創立時からのしかかる『負の遺産』に粘り強く立ち向かい、なんとか±0ぐらいまで
持っていった所でスタジアム問題が浮上。J1への道が通行止めとなってしまった無情は、
市やJリーグと交渉を重ねてきた彼がひときわ感じているでしょう。

ひとりの人間が抱えるには、あまりにも重たいジレンマ。それに比べれば自分の悩みなど大した事じゃない。
目が覚めた気がします。失いかけていた「気合い」を取り戻し、新たな逆境を越えていきたい。
明日のホームゲーム、培ったノウハウとテンションの全てをぶつけるつもりで臨みます。

沼田社長、見ていてください!

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K


ラジオ茨城放送で土曜朝10:00から放送される『水戸ホーリーホック サタデーボイス』に、
ボランティアリーダー・いのっちと共に出演させていただきました。

私達の活動紹介からチームに関わったきっかけ、クラブの成長や水戸ホーリーホックの将来像など
多岐にわたり語った7分間×2本。おそらく今週末と、来週末に放送されると思います。

収録を終えた率直な感想は、「生放送じゃなくて良かった!」
それなりに舞台慣れしてるから自分は緊張しないと思っていたのに、始まってみると手に嫌な震えが。
話しながら方向性を見失いそうになる瞬間が数度、限られた時間で必死に着地点を探す有様。

今はスタッフの方が上手く編集してくれるのと、放送を聴いた方が何かを感じてくれる事を祈るのみ。
「でも、できれば録り直したい・・・」これはいのっちと共通した正直な思い(汗)
整理できないなりに熱い水戸愛を語ろうとする、空気感とともにお楽しみ頂ければ幸いです。

ラジオ、新聞、WEBマガジン、3階級制覇しました(ドヤ顔)
「このチームを面白くしたい、強くしたい」一念で関わり続けて約7年。
メディアに取り上げられたりメディアを作ったりできたのも、地道に頑張った成果なのかなと。

しかしどんなにブログで格好いい事を書いても、本番じゃカミカミだった私。
公共の電波で小物ぶりを晒すのもまた人生。茨城放送が入る方、よろしければお聴きください!

以下、鳥取戦の4コマでお口直しを(笑)

DSCN0972_R.jpg

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K


2月9日、10日に横浜で開催された『第13回全国ホームタウンサミット』に参加しました。
各地の皆さんと交流はもちろん、Tifareとしては滋賀支部・283のサミットデビューとなります。
『水戸の未成年』と紹介させていただきましたが、とりあえずスーツ着てきた彼は予想どおり
「社会人?フロントの人?」と言われる(笑)絶対にPK外さなそうな落ちつきぶりだからなあ。

私も早や6回目となるこの行事。人生をも楽しくするきっかけになってます。
裏方同士の結束は特別。ブログやコラムの感想を頂ける機会もあり、嬉しい限りでした。

以下、写真を中心にレポートさせていただきます!

IMG_b5699_R.jpg
横浜プロスポーツ4団体のマスコットがお出迎え。
写真の腕の問題だけど、各自談笑してるように見えなくもない。

IMG_b5708_R.jpg
チームフラッグは万国旗の風情。
初参加の283、順応できるかな?まあ平気でしょう。ベイスターズファンです。

IMG_b5725_R.jpg
横浜DeNAの新マスコット『DB.スターマン』。星形の肉球がチャームポイント。
3等身ながら、動きのキレは抜群!卓球とか強そうだ。

IMG_b5732_R.jpg
全てのチームにチアリーディングがあるのですね。さすがは都会。
「ようこそヨコハマ」のメッセージもばっちり決めてくれました。

IMG_b5740_R.jpg
川淵三郎さん講師による、日本サッカー界の歩み。観客動員の歴史をグラフにしてくれました。
話に熱がこもり、Jリーグ開幕の所で時間切れに。当たり前ですが、サッカーが大好きな人なんだなあと。

IMG_b5744_R.jpg
お楽しみの懇親会、クルージング付きの豪華版!海上での乾杯はJボランティア初?

IMG_b5783_R.jpg
水戸ホーリーホック『負のスパイラル』を断ち切ってくれた功労者の一人、藤村さんとも再会。
雨男ぶりは伝説となってますが、この日は晴天に恵まれました。写真が見切れてごめんなさい(汗)

IMG_b5754_R.jpg
料理もおいしそう。話に夢中になって食べそびれ、ラーメン屋さんで締めるのが定番コースです(笑)

IMG_b5755_R.jpg
一平君にバリィさん。愛媛県が誇る、ゆるキャラ界の2大巨頭!愛媛FC関係の方に頂いた名刺には、
JsGOALなどで有名な能田達規(のうだたつき)先生による似顔絵が。
1992年のデビュー作『がらくた屋まん太』から、『GET!フジ丸』『オーレ!』など
能田作品に親しんできた私には羨ましい限り。ニンスタでつかまえて強引に描いてもらおうかな・・・。

IMG_b5802_R.jpg
宿へ戻る頃には日付の変わり目に。中華街では春節(旧正月)を祝う花火や爆竹が、
賑々しく打ち鳴らされました。路地と爆竹と自転車って、何か独特で素敵な空気感です。

IMG_b5821_R.jpg
明けて2日目。日本サッカーのレジェンド・奥寺康彦氏を最前列から拝見。
ジェフ市原の監督をされていた時もありましたね。パネルディスカッションは探り合いの展開でしたが、
市民局長さんの見事な『ぶっこみ』により、にわかに盛り上がりました。

IMG_b5827_R.jpg
サミット旗の返還。次回の開催地はまだ未定のため、9月に再度会合を行うとの事。
日程が気になるけど、また集まれる機会ができるのは嬉しい。


283も各地メンバーの濃さにやられつつ(笑)楽しんだようです。
人脈の広がりも含め、将来の糧にしてほしいですね。

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K


松本山雅FCのボランティアブログ週刊バモ通にて、当ブログと『デイリー・ホーリーホック』上で
連載中のコラム『裏方魂』が高く評価されていて嬉しかったです。その記事にガンダム名言が
仕込まれていたのでネタをかぶせて「山雅・・・通常の3倍のスピードで成長してるな!」と
コメント応酬したかったのですが、自重してこの場でお礼を言わせていただきます(汗)

対戦の際にはぜひホワイトベース、もといKsスタに突撃しちゃってください。
私達連邦軍が迎え撃ち、いやいやTifareが温かくお迎えします。少しネタがくどいですね(笑)

ネタといえば神戸から水戸に加入のDF近藤岳登選手、早くも存在感を発揮してます。
往年の永島昭浩氏に通じる日本人離れしたマスクに、笑いを誘うコメント力の高さ。
ピッチ内外で盛り上げてくれそうです。午後から見学した練習も心なしか、普段より明るい雰囲気でした。

IMG_b5515_R.jpg

IMG_b5532_R.jpg

そして今シーズンの補強で嬉しいのは、DF冨田大介選手が10年ぶり水戸へ復帰した事。
大宮アルディージャ、ヴィッセル神戸、ヴァンフォーレ甲府と渡り歩いた、百戦錬磨の兵です。
J1とJ2でそれぞれ200試合近く、カップ戦も含めれば400試合以上に出場した経験値は凄い。
必ずやチームの力になるでしょう。

ここ数年で大橋正博氏(このたび現役引退が発表されました。長い間お疲れ様でした)、
樹森大介ユース監督、北川佳男ユースコーチも含め、かつて水戸ホーリーホックでプレーした選手が
戻ってきて、再びチームの一員として闘ってくれるケースが増えています。

クラブの歴史が10年以上あるのだから、こういう事があるのは当然とも言えるけど、
水戸の持つ「あたたかさ」が、彼らを呼び戻すのかなと思います。

数年だけ在籍したプレーヤーが他クラブに移籍して、対戦でその選手の名前がコールされた時。
サポーターの惜しみない拍手で迎える会場は、そんなに無いと思います。
裏切り者!と容赦ないブーイングを浴びせるのも『愛』と言えるけど、
あまりそういう雰囲気のクラブに帰ってきたくはないですよね(汗)

冨田選手が歩んできた10年、私達が歩んできた10年。
あれからどれだけ変わったのか、変われたのか。
古くからのサポーターしか涙できない物語かもしれないけど、
クラブ史に深みを与えた『泣かせる補強』です。

流した涙もジレンマも、明日笑う力に変えて。
開幕まであと1か月半、寒いけど元気出して行きましょう!

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K


直近トピックでテンション上がったのは、ヴィッセル神戸のMF朴康造(パク・カンジョ)選手が
ボートレーサーに転身というニュース。個人的に好きなプレーヤーが、好きなスポーツに戦いの場を移す。
サッカーから競輪の例はありましたが、競艇という道もあったのですね。
来年はホムスタで観戦して、尼崎で朴選手の舟券を買うプランが強力に浮かびました(笑)

それにしても水戸関連の話題がないなあ・・・少し困り気味ですが、デイリー・ホーリーホックでは
次々とアグレッシブな企画が展開されています。2012シーズン最大の収穫は、サポーターや裏方の
立場を代弁するこのメディアが立ち上がった事ではないかなと思います。

私自身、オフシーズン特別企画として定期コラムを書かせて貰ってます。
チームとともに歩んだ歴史を語れる場があるのは、本当に幸せですよね。
だからこそ妥協しない、渾身の文章をアップするつもりです。

以下はこれまで掲載させていただいた2本。よろしければタイトルクリックでお読みください!

①『聴戦』のススメ

②Ksスタ前夜


今までくすぶっていたネタ、くすぶっていた想い。色々語りたいけれど、多くの方の目にふれるので
『暴走』しないように気をつけないと(汗)。今週末に次の一本を書き上げます。

観客動員が盛り上がらなかったのは、メディアの責任も大きい。
それに対し文句を言うのは簡単だけど、「だったら自分でメディア作るぞ!」と行動を起こすのは勇気がいる。
そして記事を書き続けるには根気と労力を費やす。あえて一石を投じた方々には、頭が下がります。

私も『ホリスポ』や当ブログ、そしてこれまでの人生経験を活かしてその一端を担えればと。
メディアが育つ事は、クラブが育つ事。町が育つ事。

年末業務でヘロヘロの身体に鞭打ちつつ、魂こもった一文をつづります!

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。