Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多くの方々の「日常」を奪った東日本大震災から、2年が経とうとしています。
今に至る700日あまりの時間で私達は何を考え、行動したのか。
記憶や実感が薄れてきたのは、意図的に忘れようとしてるからなのか?
「結局は何もできていない。やっていない」バツの悪さだけが心に巣を作る。

昨年行った岩手県の陸前高田市や、宮城県の南三陸町で見た光景。沿岸に残る建物の基礎と瓦礫。
ここに人々の生活があったのだと理解するまで、しばらくかかりました。

TVではこの2年を振り返る特番や、芸能人による復興応援歌が流れているけど
それがどれだけ現地の状況に寄り添っているのか?メッセージが「記号化」する怖さも疑いながら。


明日Ksスタでは「震災復興支援試合」として、メイン中央席とメインスタンド席チケット売上の一部が
復興支援金として寄付されます。地震の影響で損壊し、7か月間使用できなかったエリアです。

屋根まで組まれた足場と、運営システムを大きく変えなくてはいけなかった苦しさを覚えています。
しかもクラブが3000万円の借金を返せなければ消滅という危機も抱えていたため、
平常心でボランティアに参加できる状態ではありませんでした。

地域を越えた支えがあって水戸ホーリーホックは存続し、本気でJ1を目指す機運まで高まってきた。
恩に報いるためには一体感のある素晴らしいチームとなって、全国の皆さんへお礼を言いに行く事かなと。
立ちはだかる課題やジレンマと格闘しながら歴史をつなぐ。
それが十数年にわたり重ねてきた、「我らの流儀」です。


対戦相手のカターレ富山は、とても意識の高いクラブです。同じく2年前に起きたニュージーランド地震で、
12名の富山外国語専門学校の生徒さんが命を落とされています。
何らかの形でサッカーと関わりを持っていた方もいるかもしれません。

遠方にかかわらず選手サポーターが、素晴らしいモチベーションでKsスタへ来てくれるでしょう。
その迫力に屈した昨年最終戦の繰り返しとならないために。一戦にかける思いで上回らなくてはいけません。
気持ちと気持ちがぶつかって燃え上がり、清々しい余韻が残る好ゲームを期待します。


私の中で変わらず続けられたのは、裏方としてサッカーに関わる事。
でも震災前は「チーム=自分の勝利第一」だったのが、「誰かのために。頂いた恩をお返しするために」と
参加する動機が少し変わってきた気がします。

被災地ボランティアには未だ行けていません。このままグズグズしているのは卑怯じゃないかとも思います。
動き出そうとしない自分を厳しい目で見つつ、現在立っている場所で何ができるのか追求し続けようと。
スタジアムに笑顔を増やす。町に笑顔を増やす。町と町、人と人がつながる。
Jリーグを通してやれる事は、まだまだ沢山あるはずです。

親から貰った命を失わず、毎日ご飯が食べられる事。
チーム戦術や選手のパフォーマンスをめぐって、あれこれ言える事がどれほど幸せか。
週末の予定が全て白紙となった、2011年3月のスケジュール帳を誰もが思い出すべきでしょう。

失ったもの、得たもの、残さなくてはいけないもの。
忘れてしまった事、気づけた事、いつか気づく事。
もう会えない人、会えた人、これから出会う人。

人生の残り時間がどれだけあるかわからないけど、とにかく今日を、明日を大切に生きます。


「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K


代表キャップを持つベテランとして、チームを引っ張ってきたFW吉原宏太選手が契約満了となり水戸を
退団する事になりました。サポーターから本当に愛され、また愛したプレーヤーなので言葉が見つかりません。
アキレス腱断裂、肋骨骨折の重傷を負いながら復活し、ピッチを駆け抜ける姿に何度も勇気づけられました。

4年間で挙げた18のゴールは決して多くありませんが、全てがチームを救う劇的なもの。
プレーではもちろんメンタル、そして興行面でも水戸ホーリーホックを押し上げてくれた大貢献者です。
2009年に彼が加入してなかったら、私達の町からサッカークラブが消えていたかもしれない。

来年以降も吉原選手の活躍が見たかったし、Ksスタで最後の花道を飾ってもらいかった。
多くのサポーターがこのニュースにショックを受け、落ち込んでいると思います。私もその一人です。


しかし当ボランティアブログは、チーム編成を批判する場ではありません。
彼自身が「もっとやれる、もっとやれた」と一番悔しい思いをしているでしょう。
すぐに切り替えなどできないけど、偉大なストライカーにはこれからも笑ってボールを蹴ってほしい。

今日は吉原宏太選手に関連する当ブログの記事を振り返り、私達にどれだけ大きな影響を与えてくれたか
心に刻みます。サイトを開いたのが2010年末なので、その足跡を追うには不十分です。
けれど彼が青いユニフォームをまとって生きた瞬間瞬間を、少しでも思い出す一助になればと。


<夢のツートップ>
メインスタンド損壊で傷ついたKsスタに、傷と闘い抜いた漢が堂々の帰還!
前線の相棒は同じく元日本代表、伝説の漢。9番と30番によるキックオフはまさに歴史的でした。
スタジアムのボルテージが最高潮に達したばかりでなく、水戸の『ブランド力』が上がった瞬間。
試合後インタビューで感極まる吉原選手の姿に、サポーターも号泣。どれだけ愛された存在かわかります。

<きょうのホーリー君21>
ライン裏に飛び出す駆け引きも、吉原選手の魅力。「とびだし注意」の看板にかけて撮影しました。

<素晴らしき放送>
昨年西京極で記録した、鈴木隆行選手とのアベックゴール。「水戸を応援してて良かった!」と
心から思えた試合。スカパー解説・上田滋夢さんの愛あるメッセージも心にしみます。

<10405031>
水戸におけるお金の価値。彼ならもっと良い条件で働けるクラブもあったと思いますが、当時500万円
という年俸を漢気で換算して私達の町に来てくれた。吉原選手がもたらした経済効果は計り知れない。
クラブが3000万の借金を返せたのも、決して無関係な話ではないでしょう。

<左足が示したもの>
左腕にはキャプテンマーク、アキレス腱の痛みが残る左足を振り抜きジェフを撃破。
どれだけ格好いいのでしょう。この試合でサッカーの虜になったお客さんもいたはず。

<光の方へ>
復活ゴールを決めてトップフォームを取り戻しつつあった矢先のアクシデント。
せめてこの骨折がなければ・・・ドラマは見たいけど、悲劇など見たくない。
しかし、それでも背番号9は険しい再起の道を歩みます。

<きょうのホーリー君27>
9番のユニフォームに祈りをこめて。吉原選手が存分に闘えるレベルにまで、クラブ全体が達していない。
やり切れない気持ちで日々を送りました。もっと成長して、強くなって彼とともに笑いたい。
今でもその気持ちは同じです。

<万博の夢>
水戸史に残る、昨年の天皇杯3回戦『万博の歓喜』。試合に出れない身体ながら古巣対決に駆けつけた
吉原選手も、ジャイアントキリングを後押ししました。かつて所属したクラブでも人気が根強いヒーロー。
「ガンバ大阪20年史」に大きく掲載された、若き日の写真は色あせません。

<自腹で来ました>
人生の価値は、損得を超えた所にある。彼を通して私達は多くの事を学びました。

<9番のおみくじ>
選手生命にかかわる大怪我に再度打ち克ち復調間近。9番のおみくじは、これからもボランティア活動時
肌身離さず持ち歩きます。僭越ながら吉原選手の幸せも祈りつつ。

<魂の100ゴール>
水戸の点取り屋が代々背負ってきたエースナンバー。その記念すべき通算100ゴールがスコアされました。
個人的な手集計だけど、金字塔を打ち立てるのは彼以外考えられません。
ここから水戸の歴史も、吉原選手の歴史も力強くつながっていくのだと信じて。



以上、裏方の立場として本当に悔しいのは、もっと良いピッチで闘わせたかったという事。
芝の状態が常に保たれていれば、そもそも怪我などしなくて良かったのかもしれない。
本人は「デコボコのグラウンドで練習すれば、嫌でも上手くなりますよ」と笑い飛ばしてましたが、
整った環境ならもっと沢山ゴールを挙げて、チームを勝利に導けたはず。

諸々が申し訳なくて、悔しくて、情けなくて、やりきれない。
この事は心の中で消化できないし、するつもりもありません。消化しないまま前へ進みます。

吉原宏太選手が何のためここまで走り、闘う姿を見せてきたのか。
水戸ホーリーホックが、これからバラバラになるためではないでしょう。
もっと強く、素晴らしいチームを作りたい。

「ありがとう」の言葉を何千回言ったとしても、到底足りません。
吉原選手が水戸に所属した事を誇りに思えるよう、魂込めて頑張ります。

そして、貴方を一生応援し続けます。

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K


開幕から圧倒的なプレーを見せていたDF塩谷司選手の、サンフレッチェ広島への移籍が発表されました。
守備そして攻撃の要を失うのは本当に痛いですが、水戸のスカウト・育成の優秀さをまた証明する出来事です。
新天地でぜひレギュラー獲って、J1優勝メンバーに名を連ねてもらいたい。

一方キム・ヨンギや代(だい)健司選手など、今まで控えに回っていたメンバーはチャンスが巡ってきました。
2人ともブレイクの匂いがプンプン漂ってます。戦力ダウンをむしろポジティブな要素ととらえ、
チームとして精神的に大きくなってほしい。そうすればさらに多くの勝点を重ねられるでしょう。


話を前回の続きに戻します。
宮城県南三陸町歌津地区に位置する、伊里前福幸商店街を見てテンションが跳ね上がりました。

IMG_3532_R.jpg
各チームのフラッグが、風にたなびいています。
プレハブで営業を再開した商店街を盛り上げるため、全国から送られたものです。

IMG_3544_R.jpg
もちろん水戸ホーリーホックも!サポーターのメッセージが書き込まれています。

IMG_3538_R.jpg
そしてこの並び・・・(大汗)1週間前の写真です。
広島の大崎選手や丸谷選手、もし水戸でプレーしたらハマりそうな予感。

IMG_3561_R.jpg
周辺には残った住宅の基礎、気仙沼線の高架跡。
のぼりと花が故郷にエールを送ります。

IMG_3549_R.jpg
ステージと大漁旗。ここで全国サポーター大会のようなイベントができたら良いなと思いました。

IMG_3547_R.jpg
『ウタちゃん橋』が町を見つめます。
皆の笑顔がいっぱい生まれる場所になりますように。

IMG_3554_R.jpg
商店街で出会った、ボランティアスタッフの友情を記念して。

IMG_3552_R.jpg
スイカご馳走になりました。冷えてて美味!奥はカニです、食べた後の(笑)

IMG_3560_R.jpg
夏はやっぱりカキ氷。水戸的にブルーハワイを選択します。

IMG_3540_R.jpg
お土産も充実。可愛いデザインが多いです。

IMG_3542_R.jpg
ホーリーを探せ!ぬいぐるみ寄贈しました。無理やり置いてったわけじゃないですよ(笑)
お店のお姉さんがディスプレイしてくれました。


「今朝は松本山雅のサポーターが来たよ」「草津の人が復興ボランティアの帰りに寄ってくれたよ」
この場所で、沢山の触れ合いが生まれている話を聞きました。
とても居心地がよくて、気がついたら数時間を過ごしていました。

上手く言えませんが、この国にJリーグがあって良かったと思います。
ピッチで勝負を争う敵同士だとしても、そこには友情があり励ましあう事ができる。
日本中にこんな風景が広がれば、未来は決してネガティブなものにならない。
甘い考えかもしれないけど、ひとつの希望を感じました。

私達は、決して一人じゃない。
常に誰かに生かされてるし、誰かを生かす場面だってあるかもしれない。
皆さんも是非『うたちゃん商店街』に、足を運んでください。逆にこちらがパワーを貰います。

今回限りではなく必ず2度、3度と訪れようと思いました。
がんばれ!そしてありがとう、うたちゃん!

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K


前回の岩手県陸前高田市に続き、宮城県南三陸町の現在の様子を撮りました。
以下、写真です。

IMG_3576_R.jpg
ご飯を食べ、テレビを見て、お風呂に入って、布団で寝る生活がここにあった。
『当たり前に感謝』という言葉も、許されないような気持ちになりました。

IMG_3585_R.jpg
骨組だけが残ったガソリンスタンド。物資不足で給油のため深夜に並んだあの時期も、
実は『幸せ』のうちに入っていた。今はそう思います。

IMG_3578_R.jpg
家を建てた日、車が来た日、机を買った日。
一つひとつに込められた物語は『瓦礫』というくくりで処理できません。

IMG_3584_R.jpg
公園のシンボルだったSLが、解体されようとしています。
またいつか新しい形で再会できますように。

IMG_3582_R.jpg
「よみがえれ、ふんばれ」のメッセージが心に刺さる。
ここは海沿いの美しい町でした。

IMG_3610_R.jpg
ホームのみ残った志津川駅。開業は1977年でした。

IMG_3608_R.jpg
壁画の鮮やかさが悲しみを際立たせます。絵を見て「今日も頑張ろう」と勇気づけられた
学生さんがいたと思うと、胸が詰まりました。

IMG_3607_R.jpg
階段には壊れた椅子がそのまま置かれていました。

IMG_3593_R.jpg
駅のホームから。伸びた草が時の流れを残刻に物語っています。

IMG_3598_R.jpg
役場や警察署、郵便局などがあった町の中心部。
かつての風景は、目をつぶって想像するしかありません。

IMG_3603_R.jpg
振り替え輸送のバスが到着。路線を毎日往復する運転手さんの目に、
町はどのように映っているのでしょう。


カメラを向ける事はできませんでしたが、防災庁舎跡に沢山の花や折り鶴が供えられていました。
職員さんが無線で最後まで避難を呼びかけた建物です。ニュースで見た方も多いと思います。
折れ曲がった鉄骨が、被害の凄まじさを伝えています。私は手を合わせるしかありませんでした。


同町内に、建設中の『あさひ幼稚園』があります。

IMG_3563_R.jpg
長谷部誠選手(ヴォルフスブルク)が、著書の印税を復興支援のため全額ユニセフに寄付する際
「何かできる事はありませんか」と相談した所、縁あって幼稚園の再建につながったそうです。
2学期からは子供達が通えるとの事。元気に走り回れるウッドデッキが設計されています。

IMG_3567_R.jpg
改めて長谷部選手の人間性、そしてサッカーの素晴らしさに触れました。
復興には途方もない時間がかかる。自分の認識の甘さを実感する一方で
少しずつでもここに新しくて懐かしい物ができると良いなと、心から願います。

防災庁舎の近くに掲げられていた『懐かしい未来へ』の言葉が、目に焼き付いています。
そのために私はどうする。一旦茨城へ戻ってきた今も、あの海辺の町の風景に思いをはせて。

次回はユニークな取り組みで奮戦する、『伊里前福幸(うたちゃん)商店街』を紹介します。

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K


「北関東王座奪還」と意気込み乗り込んだアウェイ栃木戦は、今季ワーストに近い内容で敗戦。
プライドをかけたダービーにおいて一番やられたくない選手に、一番やられたくない形で決められた。
前進と後退を繰り返す状況に歯がゆさを感じますが、各自『猛省して前へ進む』しかありません。

福岡戦4-2で勝ったのはチームに勢いを与えたはずだけど、3224人という観客動員はどうだったか。
これから続く強敵との闘いには、サポーターや裏方も含めた『総合力』が試されます。
立っているだけで消耗する気候の中、選手達を良いメンタルで送り出せるよう研鑽するのみです。


話題は変わって先週末、岩手県大船渡町から宮城県南三陸町の道を車で走りました。
東日本大震災から16か月余り、訪問するには遅すぎましたが町の様子を自分の目で見て
これから行動するきっかけにしたいと思います。

以下は岩手県陸前高田市で撮った写真です。
山間部・沿岸部が入り混じった地形で、数kmごとに町が現れたり消えたりする風景に
起こった出来事の凄惨さを実感しました。

IMG_3518_R.jpg
うず高く積まれた瓦礫。一つひとつに住んでいた人々の生活や、思い出が詰まっていた。
それを『情報』としてしか理解しなかった自分が腹立だしいです。

IMG_3521_R.jpg
学校でしょうか、3階部分まで破壊されています。
自分の子供時代にこんな事が起こっていたら。考えるだけで震えが止まりませんでした。

IMG_3523_R.jpg
堤防ごとさらわれた跡に積まれた土のう。
切れ目から流れ込んだ水は、かつて人が歩いた場所を覆っています。

IMG_3525_R.jpg
ここには電車が走り、ホームで待ち合う人がいた。
海の眺望を行く路線の地図には果てしない「×」が付けられ、再開の予定は立っていません。

IMG_3522_R.jpg
道の駅や観光案内所も機能を奪われた。日常生活と大切な人を失くしたら、自分はどうなるだろう?
同じ敷地には仮設トイレと自動販売機が置かれていました。そこに足を止め、物を買うのが今の精一杯。
情けないけど、必ずまた来たいと思います。

IMG_3516_R.jpg
陸上競技場の、照明灯と一部スタンドだけが残っています。
今までもこれからも数々の試合、名勝負が繰り広げられるはずでした。
負けて悔しい思いすらできないという事を、私達はもっと想像するべきです。

IMG_3526_R.jpg
荒れてしまった土地に咲く向日葵(ひまわり)。
『命』について考えさせられました。

IMG_3520_R.jpg
誰かが花壇を手入れしているのでしょう、一瞬だけ心が救われた気がしました。
瓦礫の遠景とともに、多くの人が見てほしい景色です。

IMG_3519_R.jpg
炎天下の中、ボランティアの方々が活動されていました。
細かいガレキ撤去、海岸清掃、側溝の泥出し、草刈り、階段作り、畑作りまで。
そして私はどうするのか。とにかく「黙殺」だけはもう止めようと、今更ながら思いました。


町の景色が目に飛び込んだ瞬間、気が動転してしまったためほとんど写真を残す事ができませんでした。
伝えられたのは被害のごく一部だけです。改めて亡くなられた方とご家族の気持ちに思いをはせて、
本当に自分は何をやっていたのだろうと。結局は己の幸せと救いしか、祈ってなかったじゃないか。

だけど、だからこそ動き出したい。
その気持ちを今度は裏切らないよう、風景を目に焼き付けたい。
次回は宮城県南三陸町で撮った写真をお伝えします。

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。