Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まず訃報から。68年メキシコ五輪サッカー全日本主将として、銅メダル獲得に貢献した八重樫茂生氏が
脳梗塞のため78歳で亡くなられました。当時若手の釜本邦茂氏、杉山隆一氏らをまとめ上げ、
日本サッカーの歴史を大きく変えた人物。直接関わりはありませんでしたが、この『伝説のキャプテン』の
存在なくしてJリーグ、そして水戸ホーリーホックは誕生していなかったと思います。
いちサッカーファンとして、ご冥福をお祈りします。

昨日の湘南戦は0-0のスコアレスドローに終わりました。
勝てたと言えるし、負けなかったとも言える。今季初の無得点で、今季初の無失点。
悔しさを胸に帰宅したお客さんもいれば、攻防目まぐるしい好ゲームを楽しんだお客さんもいる。
思いはそれぞれ、十人十色の感想があるでしょう。

J1昇格最有力候補に堂々と戦えた事に成果を感じつつ選手、サポーターは決して満足していません。
まだまだこのチームは強くなる。再びKsスタで心躍るようなサッカーが繰り広げられるのを祈ります。

運営としてもバックスタンド部分使用でほぼ満員となる、4086人がKsスタに集まりました。
これだけのお客さんを、18名のボランティアスタッフで迎えました。
行き届かない点があったと思います。それでも一同、限られた条件でサッカーを楽しんでもらうには
どうするのが最も良いか、一生懸命考えて動きました。

チームは慢性的な資金不足、そして人手不足です。本当は今の3倍の人員が必要なのかもしれません。
だけど『足りない』という事が『戦わない』理由にはならない。
運営サービスで、お客さんに100%の満足が与えられないのは心底悔しいです。
そんな中で行く道はひとつ。現状でできるベストを追求し続ける事。サッカーと同じだと思います。
努力を続ければいつしか『現状』も変わり、本当の意味で『強いチーム』になれると信じます。

以下は昨日の活動写真です。

IMG_8393_R.jpg
ロメロ選手、鈴木将也選手、金久保選手、ありがとうございます!
ここ数試合あわやというシュートを放ち続けているロメロ選手は、グイグイ前へ突き進むパワーが魅力。
今まで水戸にいなかったタイプだけに、大活躍とゴールが楽しみな存在です。

IMG_8394_R.jpg
ボランティアから選手への寄せ書き。超いい笑顔で写ってくれたのはティファーレの看板娘、エリやん。
こんな呼び方した事ありません(笑)就職で今年から千葉在住ですが、帰省とともに参加してくれました。

IMG_8395_R.jpg
スタンドの雑巾がけ。前日の雨で通路に水が溜まってしまったため、トンボでかき出しています。

IMG_8400_R.jpg
サイン会は常盤選手と金久保選手。常盤選手は前回ホームゲームでロスタイム決勝点を挙げています。
長蛇の列と人だかりができました。

IMG_8403_R.jpg
熱戦を終えて。選手バスの前で多くのファンが出待ちしています。
ホームゲームらしい雰囲気に包まれた一日でした。

活動終了後、スタジアムの人員配置やスムーズな導線について、ティファーレのメンバーで15分ほど
ミーティングを行いました。この自主性が水戸の持ち味です。各々のボランティアが「修正力」を
備えてなければ、今回の部分使用による混乱がより深まったと思います。
地震にも負けないメンバー全員が、私の誇りです。

3日後にはアウェイゲーム。「早く次の試合が観たい!」というのが素直な気持ちです。
対戦相手のギラヴァンツ北九州は水戸ホーリーホックと同様、全員でファイトするチーム。
昨年まで水戸でプレーした森村昂太選手もいます。サポーター向けに観戦券とグルメ券を用意してくれた
フロントの心意気とともに、気持ちと気持ちがぶつかる素晴らしいゲームを期待します。

大きな可能性を楽しみに、ボランティアと日々の生活を頑張ります!

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。