Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日は仙台でJリーグとプロ野球の試合がありました。
お世話になっているあの人は、無事ボランティアに参加できただろうか。
そして水戸ホーリーホックは本日、アウェーでFC岐阜と対戦します。熱いサッカーが見れますように。
長良川へ応援に向かっている方もいるでしょう。道中お気をつけて。

私のノートPCの文字入力は、USBキーボードを外付けする事で解決しました。
修理や買い替えにならなくて良かったです。起動しなくなるまで使うぞ!

震災から50日が経過し、町の様子はやや落ち着きを取り戻したものの深刻な問題は山積みです。
身近な所では、収入ゼロになってしまった農家の方がいます。
気を張る生活が続いたせいか、私もかなり身体に疲れが溜まっていました。
休日を利用して被災地支援ボランティアに向かっている方もいるのに、自分はこんな事でいいのか・・・

しかし復興への道のりは、「短期決戦」ではなく「長期戦」です。
長いスパンで戦いに臨む必要がある。そのためには時に休んで、気力と体力を充実させるのも大切。
テレビでは今日も立派な人が「ともに頑張ろう」と、メッセージを送っている。
勇気付けられる反面、見えないプレッシャーをかけられている感覚に陥ります。
疲れたらテレビを消していい。

昨日私は午前中仕事をして、午後は『ホリスポ』の写真撮影。帰りがけに『ボートピア岩間』で
1レースだけ舟券を買いました。競艇(今はボートレースだけどまだ馴染めず)については
後ほど個人的に語りたいと思いますが、あの独特の空気感からまた別の種類のエネルギーを貰います。
より現実的に「カネ」が絡む世界で、レーサー達が勇気を持ってコーナーに突っ込み、
着順を1つでも上げようと最後の最後まで粘る姿。スタイリッシュじゃないけどそれぞれの「生き様」は、
胸を熱くさせます。舟券予想はかすりもしませんでしたが(笑)競艇界に寄付したと思えば。

被災者に対する国の対応のトロさには怒りを抑えられませんが、批判するだけで良くなるものでしょうか。
政治とサッカーの運営を比較するのは無理あるかもしれないけど、何か問題点があったとして
改善要望書を一生懸命作ってクラブに提出するのと、ともに現場で汗を流し問題に当たるのと、
果たしてどちらが状況を前に進め、チームを強くするか?

マニュアルのない状況でマニュアル探しをしているリーダー、損得勘定すらできなくなっている補佐役、
揚げ足取りでしか自らの存在を示せない人達と協力して、家族や地域の生活を守らなくてはならない。
考えるだけで腹立だしい状況ですが、我々にも「何となく任せていた」落ち度は無かったか。
「任せっきりにしているうち、互いが駄目になった」これは人間関係でもよく聞く話です。

これから立ち直るためには、途方もない労力と時間を要します。
一人ひとりの「頑張りどころ」は必ずいつか、そして何度も訪れるでしょう。
疲れ果てないために。押し潰されないために。燃え尽きないために。
たまには気を使わず、自分の好きな事をやりましょう。
私はサッカーを続けます。競艇の舟券を買います。温泉にも行きます。

私達の元気そのものが、明日の復興につながると信じて。
今日は存分にサッカーを楽しみましょう!

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。