Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーグ戦再開まで10日を切りました。遠足の日を、指折り数える子供の気持ちです。
チーム周辺の課題・問題は山積みでも、純粋にサッカーに関われる喜びを感じています。
Ksスタは全快といきませんでしたが、そこに命を吹き込むのは我々関係者一同。
アウェイも含むサポーターの皆さんと素晴らしい空間、時間を作っていきたいなと。

この町にJリーグがあって良かった。そんな感謝も込めてしりとりを繋ぎます。
第4回はリネカーで終了。全盛期のプレーを一度見てみたい選手ですね。

→ ガビリア
2001年湘南ベルマーレ。パラシオス、ディナスとともに
コロンビアトリオの一角として新生ベルマーレを支えました。
背番号10を背負って活躍するも、帰国後練習中に落雷に遭い急逝。改めてご冥福をお祈りします・・・。

→ アマリージャ
1993年~1994年横浜フリューゲルス。母国パラグアイからスペインに渡り、バルセロナでもプレー。
189cmの長身から繰り出されるポストプレー、ヘディングシュートは迫力満点で、私自身も
中学時代に「アマリージャ!」と叫びながらヘディングのモノマネしてた記憶が・・・馬鹿ですねえ(笑)
そのスタイルから彼に付けられたあだ名は『バンブ(竹)』。これまた身も蓋もない(笑)

→ ジャメーリ
1997年柏レイソル。2004年清水エスパルス。FWエジウソンとともに
レイソル旋風を起こした立役者。当時ジェフサポの私は散々煮え湯を飲まされた選手。
「ちばぎんカップ」の時点で勢いの差を感じたからなあ・・・。

→ リカルド・ロボ
2010年~栃木SC。マークを外してシュートする技術、強引でも打ちに行くメンタルでゴールを量産、
J2得点ランキング2位につけて驚きを与えた生粋のストライカー。
それ以上にチーム残留した事で水戸、草津関係者に衝撃が走りました。
「北関東で大活躍した選手は即、他チームへ引き抜かれる」という、悲しい『北関東のさだめ』を覆した選手としても画期的な存在です。ちなみに『ロボ』はポルトガル語で『狼』の意味。
そういえばファンタジー小説なんかでも「ロボ」って名前の狼、出てきますね。
栃木サポーターの応援歌「♪おーれーたちーのロボー」とともに印象的。
今季開幕戦でもゴールを決め、健在なり『北関東の狼』!
でもこの異名を付けると何か、改造バイク乗ってそうですね(笑)

→ ポポ
2008~2009年柏レイソル。2010年~ヴィッセル神戸。
スピード、パワー、スタミナを併せ持つ脅威のフィジカルで前線を制圧。
『ポポ』の由来はブラジルの国民的英雄であるボクサーから取った名前。
『ドラゴンボール』のミスター・ポポではないのですね(笑)
ダニルソン(名古屋)やボスナー(清水)、ディエゴ(京都)とともにゴリゴリ来ると、
逃げ出したくなるような迫力です。
彼らが一斉に攻め込んでくるシーン、夢に出たら物凄く嫌な寝汗かきそう(笑)


第1回から数え、これで25名の選手を繋ぎました。
まだまだ行くぞ!・・・多分行けるはず。。。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。