Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ開幕戦の朝を迎えました。皆さん、よく眠れましたか?
今年は選手が大幅に入れ替わり、サッカー専門誌で水戸をJ2最下位に挙げる予想も少なくありません。

だからこそ、やってやろうじゃないか。

『若さ』は決して弱点ではない。「若いうちにしかできないサッカー」だってある。
『経験不足』?すべてが「良い経験」とは限らないだろう。自ら限界を線引きし、
可能性をせばめてしまった経験を持つよりは、何もないまっさらな状態の方がいい。

すべての物事にはプラス面とマイナス面がある。マイナス面にばかり気を取られて、
自分が実は持っている武器に気づかない、あるいは無くしてしまう事こそがつまらない。
確かに最初はショボい装備だけど、磨き使い続けているうちに成長し、マイナス面すら覆ってしまう。
「全てが完璧」にはなれない。でも自分なりの『芸』は発揮できるし、足りない部分は仲間が埋めてくれる。
それがチームで戦う素晴らしさ、面白さだ。

京都の秋本倫孝選手が「水戸に勝つことだけを考えてやってきた」と語るように、
全てのチームが真剣勝負を挑んでくる。挑んでくれる。
だからといってビビる必要はない。サッカーに限らず「強い相手とのガチンコ対決」は
自分を大きく成長させてくれるし、『逃げ/言い訳モード』に入らなければ意外と良い結果が出る。

チームの存続問題も含め、かつてない濃度のドラマが待っていそうな今シーズン。
試合は単なる『リーグ戦』ではなく、スタジアムという舞台で様々な人々が繰り広げる『群像劇』だ。
「走りきれ!」という言葉は選手のみならず、我々支える側、応援する側にも当てはまる。
愛するチームを守るため、走りきった先にどんな風景が見えるかを楽しみにしよう。


かけろ。

ピッチを駆けろ。

自分の夢と、皆の夢を架けろ。

頂上まで翔けろ。

一試合一試合、90分間に懸けろ。

そして人生を、賭けろ。


私も5年間のボランティア人生、同じく5年間の演劇人生、
そして18年間のサッカー人生をかけて2011シーズンに臨みます。
・・・いつも以上に肩の力入ってますが、年に1度の開幕戦なので許してくださいね。
早朝から肩がバキバキにこってます(笑)

それではまたKsスタで。
あと、今夜NHK総合で放送予定のFW岡本達也選手の特集
(22:50~23:20『土曜スポーツタイム』内)もヨロシク!
他地域の皆さんにもさりげなく宣伝を(笑)

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。