Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先ほど遠征先の福島市から帰還しました。
イベント自体は12時終了だったのですが、仙台・山形ボランティアの方々と蕎麦を食べたり、
慣れない雪道運転にビクビクしたり、休憩がてら漫画の立ち読みしてるうちに
すっかり遅くなってしまいました(笑)

雪国のシーズンインはスタジアムの雪かきから。階段と客席の区別すらつかなくなってしまうスタンドを、
効率良く除雪するテクニックの数々を感心して聞き入っているうちに、
「じゃ、やってみようか(笑)」という話も出たため、山形行きを半ば本気で迷ってます。
来年以降なら何とか・・・いやいや、やるなら今年だろうか・・・

リンクの件、今までチームオフィシャルHPのみでしたが、昨日初めて話した
『秋田ノーザンハピネッツ』ボランティア代表のキャラクターと熱意に心を打たれ、
意気に感じて追加登録させていただきました。存在感はうちのリーダーに匹敵します(笑)

秋田SV(スポーツボランティア)-ハピネッツ
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/bbakita/

秋田ノーザンハピネッツは『bjリーグ』に所属するプロバスケットボールチーム。
県内には能代工業高校(田臥勇太選手を輩出した強豪)があり、バスケ熱を持った土地柄です。
チームも地域活動や普及活動に、信念持って取り組んでいる印象を受けました。

「秋田には家族や近所で、連れ立って遊びに行けるような所がない。
少子高齢化が凄い勢いで進んでいる中、お年寄りも生き甲斐を見出せるような対象を作りたい」
グループホーム経営者でもあるボランティア代表の言葉です。

他地域、そして他種目から学ぶべき事は本当に多い。私のような察しの悪い人間であれば尚更です。
ボランティアとはスポーツを知り、そして人間を知る機会でもあるのだなと、改めて思いました。
これからも様々な場所、立場の人と話していきたいです。
それは同時に水戸ホーリーホックを知り、自分自身を知る機会にもなるから。

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。