Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柱谷監督の、来季続投が決定しました!チームに粘り強さを植え付けたばかりでなく、
私達裏方の存在も気にかけてくれる闘将。これからも一緒にJ1への道を開きましょう!


前節ホームゲームは、大洗が舞台の人気アニメ『ガールズ&パンツァー』とコラボで話題となりました。
「美少女&部活&戦車」という破天荒な設定で、女の子達が制服のまま戦車を操縦するなど
ツッコミ要素はあるものの、機械の挙動といった細部へのこだわりが凄い。
国民的長寿漫画『こち亀』でも紹介されてましたね。

私も興味本位でアニメを数話観た程度ですが、『ヘッツァー』『ルノーB1bis』『マチルダⅡ』
『ファイアフライ』『カチューシャ』等々、各国の名戦車、試作機、珍作に至るまで幅広く網羅。
主人公チームの保有するⅣ号戦車が砲身を取り換えて、D型からF2型に進化するあたりも心憎い。
元プラモ小僧の血が騒ぎました。ほとんどの方は置き去りの話と思いますが(苦笑)

長らく勝利から遠ざかったKsスタに、アニメ登場人物の等身大パネルやフィギュアが並び、
普段と違う客層の方々も多く詰めかけた『ガルパンナイト』。かつてない異色の空気感でした。


試合はゴールに押し込むだけの「ゼロ距離射撃」を数度外す、もどかしい展開でしたが
終盤に橋本晃司選手の左足から精密砲撃が炸裂!11試合ぶりの勝利をもぎ取りました。

ライセンス問題に加えて「勝ちなし地獄」という、テンション下がる材料だらけの水戸を救ったのは
選手達の頑張りはもちろん、気持ちが明るくなるイベントを打ったクラブの仕事も大きい。
おそらくサッカー初見のお客さんも、最後まで楽しんでくれたと思います。

震災と風評被害で海水浴客が激減、弱り切った町はアニメの聖地となり、県内外から多くの人が訪れる。
「復興」と手放しで喜べるのか微妙だけど、今までにない魅力を開拓できたのは確か。
過去を振り返る事はできても、変えられるのは現在と未来だけ。踏み出した新境地を応援したい。

今後は作中にKsスタが登場したり、選手も出演すると面白いですね。
サッカーファン、アニメファンがともに盛り上がる展開を期待します。
以下、活動写真より。

DSCN1454_R.jpg
熱い注目を集めたパネルコーナー。こちらは生徒会&風紀委員チームですね。

DSCN1457_R.jpg
選手のぼりと、大洗女子学園「戦車道」優勝のぼりが並び立つ。
フィクションとわかりつつ、「おめでとう!」と言いたくなる遊び心が秀逸。

DSCN1461_R.jpg
4コマにもしっかりイベントを反映。AZSK母、流石の良い仕事です。

DSCN1462_R.jpg
ボランティアの帽子に校章を形取ったバッジ。乗っかるならばどこまでも(笑)

DSCN1464_R.jpg
皆の想いがついに結実。重圧から解放されたチームは、また一回り強くなるでしょう。
休憩中ゴールシーンを目撃すると、喜ぶのに夢中でシャッターチャンスを逃してしまいますね。

DSCN1467_R.jpg
闘い終えて。おぼろげながら、スタジアム改修計画も見えてきました。
ピッチコンディションや駐車場を含めより使いやすく、美しい姿になってほしいなと。


(おまけ企画)水戸ホーリーホックの選手を、戦車に例えたら?

本間 幸司 → Js-Ⅱm
笠原 昂史 → KV-ⅠB

冨田 大介 → M26パーシング
細川 淳矢 → T-34/76B
新里 亮 → シャーマンV
キム ヨンギ → SU-100
尾本 敬 → オストウィンド
加藤 広樹 → エレファント
輪湖 直樹 → チャーフィー
石神 幸征 → グレイハウンド
近藤 岳登 → ニムロード

西岡 謙太 → ブルムベアー
内田 航平 → ヴェスペ
鈴木 雄斗 → SdKfz8
船谷 圭祐 → M12ロングトム
橋本 晃司 → パンターG
小澤 司 → ヘルキャット
木暮 郁哉 → アキリーズ
島田 祐輝 → ハンバーAA
二瓶 翼 → スチュアートⅢ

鈴木 隆行 → ティーガーⅠ
三島 康平 → メーベルワーゲン
難波 宏明 → センチュリオンⅠ
山村 佑樹 → クロムウェルⅦ

柱谷監督 → ヤクトティーガー



・・・わかる人だけわかっていただければ(汗)

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。