Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守備が良ければ攻撃不発、点を取れば守備崩壊。
チーム全体が結果へ上手く噛み合わず、「ぐぬぬぬぬぅぅ・・・」と呻くような日々です。
試合の中で見所はあるだけに、惜しさばかりが募ってゆく。

確かに夏場と比べ、水戸のボールは気持ちよく動いていない。その原因は何か?
「日替わり戦犯」は見つかるものの、個々の選手よりバランス的な所が問題な気がする。
監督はおそらく答えを持っているけど、あえて明確に示してないような。

手っとり早く勝点を稼ぐなら、序盤から放り込んでパワープレーの方が良いと思います。
しかしそれでは2009年に戻るだけ。内容なき8連敗が、苦い教訓として刻まれている。
決して結果を度外視するわけじゃないけど、ここ数年でホーリーホックが取り組んできたテーマは
「サッカーの中身」を手に入れる事ではないかと。ゲーム内容だけなら、格段に面白くなりました。


もっと勝てていれば盛り上がるし、お客さんが増えてJ1ライセンスの流れも早まるかもしれない。
その一方で今は目先の成果と同時に、未来永劫続いてゆく『伝統』『カラー』を築くべき時期。
要するに「二兎を追う」わけで、伸び悩むのは当然と言えるでしょう。

昔と比べて勝てる材料は、格段に増えました。でもまだ料理の仕方をよく知らないという事。
どうすれば最も美味しくなるのか?焼いたり、煮てみたり、刻んだり、蒸したり。
試す過程でとんでもない失敗作は出てくるけど、それがレシピに幅をもたせる。
引いてカウンターという「肉野菜炒め」一辺倒が、いつまでも通用する時代ではありません。

選手もフロントもそれなりの研鑽を積み、レベルを上げたうえでの10試合勝ちなし。
絶望したとしても無理はない。とはいえここで手詰まりじゃない予感は、プンプン漂います。
トンネルを抜けた先に、今まで見た事のない素晴らしい風景が広がっていると信じて。

とにかく皆さん、トンネルの途中で足を止める事だけはやめましょう!
明るい場所へ出られないばかりか、イメージ的に恐ろしいですからね(汗)

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。