Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は鬼門のアウェイ富山で敗戦。リアルタイムでスカパー受信できなかったため、
公式記録から展開を読み取るしかありませんが、今の時期は結果がすべて。
秋になると失速する水戸伝統の悪癖が、また頭をもたげてきました。

こうして毎年のように、順位が尻すぼみになっていく原因は何なのか?
メンタルのせいにしてしまえば簡単だけど、それじゃあまりに漠然すぎる。
残り4試合を意味あるものとするべく、少し突っ込んで考えてみましょう。


水戸ホーリーホックというクラブの構造は『リーグ最底辺の予算』と、『優秀なスカウト』で成り立ちます。
他チームで活躍中の選手が獲れない代わりに、無名でも才能ある原石を見つけ根気強く育てていく。
その結果として突出したプレーヤーは移籍してしまうけど、次なる若い力が台頭する。
私達の、日本サッカーに対する貢献度は計り知れません。もちろん皮肉ですが(苦笑)

シーズン開幕戦はルーキーが数名入る陣容で、相手にデータが無いうえ初出場の士気も高く勝ったりする。
しかし少し経つと研究されて弱点が露呈し、パフォーマンスを落とす事に。
これが例年5~6月ごろ。チーム第一の低迷期と重なってきます。

7月ぐらいになると個々の課題が徐々に解決、連携も高まって再び勝点を稼げるようになる。
内容と結果が伴うので、観ていて楽しい。「今年は行ける!」気分に。


しかしそれも研究されると苦しく、手詰まりというか「ネタ切れ」状態に陥ってしまいます。
個人もチームも、1年のうち2段階レベルアップしたら奇跡。自分自身を省みれば理解できるでしょう。

ここで強化予算の問題が致命的になってくる。お金があれば実力者を獲得して、「ネタの追加」も可能。
補強は単なる戦力の穴埋めだけでなく、伸び悩む若手のカンフル剤として効くケースが多い。
それができない所に失速の必然というか、おそらく年間予算で負けている富山に敗れても不思議はないと。


・・・何だか夢のない話になってきましたね(大汗)。とはいえ声を大にして言いたいのは、
サッカーはお金が全てじゃないと。『勝率=お金×テンション』という公式を覚えておいて損はありません。
テンションで試合の戦力差をひっくり返した例は数えきれないし、熱気がお金を動かす時だってある。

9試合勝ちなしは深刻だけど、それを「価値なし」と思ってはいけない。
関係者がしょぼくれてたら、勝ち運もお金もますます逃げていきます。
FW難波選手の水戸初ゴールを発奮材料に、尻上がりでシーズンを終えましょう。

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。