Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホリスポ第31号
-2012年11月4日(日)発行-
『町の柱となれ』


・underdog~へっぽこ社会人チーム死闘の記録~ 第31話「打て!!」/最終話「そして、飲み会へ・・・」

・たんけんホーリー君 「ホーリー君の里帰り!?」の巻/「がんばっぺ!北茨城」の巻

・背番号物語 11番

・今日の至言 ビル・シャンクリー(監督/スコットランド)

・この一冊 「サッカーセットプレー戦術120」倉本和昌・藤原孝雄=監修/清水英斗=編著

・北関東王座奪還!

・編集後記


<主筆コメント>
PK戦の末に惜敗した天皇杯。またも「人事を尽くして神様が微笑まない」結果に、モヤモヤが募ります。
水戸ホーリーホックには、まだ何か足りない。そんな事は言われなくてもわかってる。
だけど時々は飛び上がるような奇跡が起きてくれたって、いいんじゃないか?

頑張っても頑張っても報われぬ日々、座席数問題はいつ解決するのか。
お隣の栃木はガンバに勝ったし、群馬もJ1ライセンスを取得した。
彼らに負けたつもりは毛頭ないのに、惨めさだけが胸に刺さります。

既に心折れている人はいるでしょう。軟弱と責める事はできません。
むしろ強めのメンタルを持ってさえ、挫けてしまう状況が続く方が異常と言える。
決して悪くはないけど、良いとも言えない現在地。前へ進むためにどうしたら良いのか。


このツキのなさを、天命として受け入れるしかない。

追い風なんて初めから吹いちゃいなかった。あるのは足を引っ張る変なイベントばかり。
それでも泥の中を愚直に歩いてきた。なぜなら水戸にとって、停滞は「即死」を意味するから。
少しばかり明るい場所に出たけど、いつまた暗闇に戻されるか。覚悟はしている、けど疲れた。

殊勝な言葉で何とか己をを支えてきたけど、それすら今はグラグラしている。
浮かぶのは、チームを短期間で離れてしまった人達の姿。仲間ができたと思ったのに・・・。

言い出せばキリのない愚痴地獄の中、それとは別腹でわかっている事。
「やるべき動きはこの身体に沁みついていて、蓄積された力は歪みない」と。
メンタルがいささか荒んでいても、パフォーマンスは一定の水準を保っている。質の下げようがない。


選手達がより強くなるヒントは、『運営の勝ち方』を知る自分の中に宿っているのかもしれません。
きついけどもう一度見てみようじゃないか、夢ってやつを。
ヤケクソ気味の夢だって、ため息ついて地べたに体育座りするよりマシだろう。

町に試合告知ポスターは確実に増えている。それに意味を持たせるのは私達ファンの力だ。
明日を今日より面白く。無理に笑う必要もないけど、誰かを笑わせるネタは常に仕込んでおきたいもの。
やるもやらないも自由。どちらにせよ最大限に楽しむ姿勢が、現状を打破する鍵になると思います。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。