Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少し前になりますが、デイリー・ホーリーホックにコラム掲載させていただきました。
よろしければ以下リンクよりお読みください!

「本当の敵は誰か?」

群馬や愛媛、長崎が新たにJ1ライセンスを取得する中、昨年から前進していない水戸のファンは
やきもきしている所でしょう。しかし座席数さえクリアすれば、未来は万事OKとなるのか?

今季ここまでのホーム平均観客動員数は4601人。年々2割増しペースで健闘しています。
しかし将来的にJ1定着や優勝争いを目指すなら、最低でも6000人台に乗せなくてはいけません。

赤字を補てんしてくれる親会社があるならともかく、選手の人件費もグッズ収入も
スポンサー広告料も、全てはクラブの集客力がベースとなってくるゆえ。
ライセンス取得と同時に、より魅力ある環境づくりが必須。
この辺はまた、機会を改めて語りたいと思います。


本日は『ホリスポ』と並行して2010~2011シーズンに発行していた
内輪向けマッチデープログラム・『蹴球狂ノ詩(サッカーきょうのうた)』を紹介します。

作ろうと思ったきっかけは、多額の借金が発覚し騒動となった大分トリニータの経営問題。
金額を聞けば確かに深刻だけど、主にネット上で繰り広げられた、サポーターまで否定するような
バッシングは行きすぎじゃないか?知り合った大分ボランティアの方々の、悲しい顔が浮かびました。

想像したくもないけれど水戸だって、いつ何が起こるかわからない。
その時全国から情け容赦ない罵声を浴びせられたら、立ち直れるのか?
明日は我が身。少なくとも噂話レベルまで鵜呑みにせず、現地の真実に近い所で判断するべき。


私は大分へ飛び、試合運営ボランティアを手伝わせていただきました。
スタジアムの雰囲気や裏方さんの話から、見えてきたもの。
「彼らの大多数は自分達と同じように地元を愛し、チームを支えるため懸命なサポートをしている」
文字に起こしてみると馬鹿らしいほど当たり前の事ですが、これを体感するとしないとでは雲泥の差でした。

2013シーズン最終戦を待たず、降格が決まってしまったトリニータ。
彼らは課題を解決できたのか、また自分が大分を好きなのかどうか、今でもよくわかりません。
しかしどの地域どのチームであっても、献身的に支えている人々には最大限のリスペクトを払いたい。

以下は当時の対戦チームに在籍した選手紹介と、ミニコラムによるA4表裏印刷のバックナンバーです。
現在は状況も変わっていると思いますが、Jを語る史料のひとつとしてそのまま掲載します。


VOL1:2010年7月25日 大分トリニータ
GK1下川誠吾/DF21刀根亮輔/FW11チェ・ジョンハン
コラム 「大分ショック・その背景にあるものは?」

VOL2:2010年8月15日 FC岐阜
DF6秋田英義/MF23橋本卓
特集 「今さら聞けない!岐阜県の基礎知識」

VOL3:2010年8月29日 
DF5飯尾和也/MF10キム・ミヌ/FW22池田圭
コラム 「ホーム・ベアスタに見る鳥栖の現在地」

VOL4:2010年9月1日 大分トリニータ
DF27松原健/MF22内田昴輔
特集 「Jリーグ・試合中止の全記録」

VOL5:2010年9月18日 カターレ富山
DF19西野誠/MF7朝日大輔/FW23平野甲斐/監督 楚輪博
コラム 「競合チームの統合!カターレ誕生に思いをはせる」

VOL6:2010年10月3日 愛媛FC
DF5アライール/MF16赤井秀一
特集 「愛媛出身・能田達規(のうだたつき)のサッカー漫画」

VOL7:2010年10月31日 柏レイソル
DF22橋本和/MF20茨田陽生/FW8澤昌克
特集 「走る日立」

VOL8:2010年11月20日 徳島ヴォルティス
DF20ペ・スンジン/MF29六車拓也/FW18羽地登志晃/監督 美濃部直彦
特集 「激闘!四国社会人リーグ」

VOL9:2011年5月14日 ロアッソ熊本
DF24筑城和人/MF30仲間隼斗/FW9長沢駿/コーチ 加藤竜二/マスコット ロアッソくん
特集 「ロアッソの強い味方!濃ゆいスポンサー紹介」

VOL10:2011年7月31日 愛媛FC
GK15萩原達郎/FW27齋藤学/監督 イヴィッツァ・バルバリッチ
特集 「愛媛出身・能田達規のサッカー漫画②」

VOL11:2011年10月19日 ジェフユナイテッド千葉
DF3竹内彬/DF5マーク・ミリガン/MF20伊藤大介
特集 「ジェフユナイテッド・助っ人監督列伝」

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。