Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンバ戦の大敗から、何とか体勢を立て直した。闘う気持ちは見せた。
しかしJ2残留を目指す熊本相手に1-1のドロー。試合内容も低調なもの。
最悪の4連敗だけは避けられましたが、サポーターとしてモヤモヤを吹き飛ばせなかった週末。

昨日の試合を見る限り、現在チーム最大の課題はメンタルというより、発想力にあるかなと。
勝ちたい気持ちや責任感が、より無難なプレーを選択する方向に働いているように見えます。
ディフェンス面はそれで構わないけど、オフェンス面じゃ大問題。
読みやすくて、怖くもない攻撃。相手にとってこれほど有難い話はないでしょう。

常にDFの嫌がるポジションを取れる「いたずらっ子」、小澤司選手の欠場も痛かった。
水戸は多くの時間帯で敵陣へ押し込んだものの、最後まで崩しきれませんでした。


相手より多く走る。球際を激しく。気持ちで負けない。もちろん凄く大切です。
だけどそれは、「どこのチームも心がけている事」。自分達だけが常に圧倒するのは至難の業。
日程や順位、諸々の関係性に左右されてしまう、不確実なものと言えます。

選手達に「必死さ」を求めるだけで、果たして状況は好転するのか?
むしろ敵の裏をかいたり出し抜く、「遊び心」を取り戻してほしいと私は思います。
プレスを面白いようにかわし、相手守備陣は大混乱。まんまとゴールを陥れて勝つ。
ほんの一時期だけと、確かにそういうサッカーが実現できていました。

肝心なのは「ミスを恐れない姿勢」と、「取られても取り返せる準備」。
勝負所での横パスやバックパスは、無駄とまでは言わなくても得点の確率を下げてしまう。
この種の臆病さは、敵を安心させてしまいます。勇敢や大胆さで、怯えさせなくてはいけないのに。


ただ、これはピッチ上に限った話じゃありません。運営や企画において最近、小さくまとまってないか?
長年低迷してきた我々にとって、中位の足場固めはとても重要なテーマ。
とはいえそこに囚われてしまうと組織の硬直化を招き、再び低迷する遠因となるでしょう。

はっきりした将来像が見えない今だからこそ、色々と試すべき事がある。
他では真似のできない「水戸ならでは」のオリジナルを、1つでも2つでも確立する時期だと。
単にクラブ規模が小さいからかもしれないけど、そこを差し引いても自由闊達な空気はある。
関わる人々がもっと意見を交換し、より面白くダイナミックな展開を目指したい。

サッカーにおいても運営においても、必死さだけだと重い。遊び心だけだと軽い。
両方を併せ持ち『必死に遊ぶ』事によって、明るい未来が開けてくるかと。
結果はともかく、いや、結果につなげるため、もっとサッカーを楽しんでほしいです。自分も含めて。

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。