Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホリスポ第30号
-2012年9月30日(日)発行-
『強者への旅路』


・underdog~へっぽこ社会人チーム死闘の記録~ 第30話「ミスマッチ」

・今日の至言 マネ・ガリンシャ(元ブラジル代表)

・たんけんホーリー君 「スタジアムをふり返る」の巻

・背番号物語 26番

・裏方の裏話 「吉本一謙選手へ寄せ書き」

・この一冊 「センターバック特別講座」秋田豊=著/田中滋=構成


<主筆コメント>
昨年から引き続き、水戸ホーリーホックに重くのしかかるライセンス問題。
どんなに成績を上げてもJ1へ行けない。その徒労感と虚しさは、計り知れないものがあります。
モチベーションには当然影響するし、これが原因で成績を下げても仕方ないとも思える。

しかしあえて厳しい言い方をすれば、今の時点で萎えるような闘志は、元々それまでのものだと。
本気で昇格争いできる状況になったら、プレッシャーに押しつぶされてしまうと思います。
酷だけど精神的にもう一皮むけなくては、ずっと自分自身に負ける人生でしょう。

それは選手だけでなく、支える私達にも言える事。いま燃えなければ今後の成長は一切ない。
現代は知らず知らず下の階へ進む、エレベーターのようなもの。
自ら上を目指す意志のない者は、自動的に下位のステージ(J3)へ連れて行かれます。

このクラブが本気でJ1に行きたいのか、J2中位に居たいのか。実際の所はわかりません。
どちらにしても必死の努力をしなくてはいけない。この予算で、現在の順位を堅持するのだって大変な事。
さあ、目を覚まそう。寝て起きたらチーム消滅なんて冗談にもならない。
苦しく楽しい強者への旅路を、一緒に征きましょう。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。