Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公式リリースで、保崎選手、神村選手のA型インフルエンザ発症が確認されました。
心配ですが今はしっかり休んで、ピッチで元気な姿を見せてほしいです。

私も若干の体調不良を抱えつつ、無理のないペースで今季の新ネタ作りに励んでいます。
体調や気分のすぐれない時にどれだけ『悪いなりのベスト』を尽くせるか(休むという選択肢も含め)が
『強さ』という事だと思います。

さて、今日のタイトル「シュート」について。昨年秋に出会った横浜Fマリノスボランティアの方の
「ボランティアも、シュート打たなきゃ駄目ですよね」という言葉が大変心に残り、
活動で行き詰った時の励みになってます。「名言、いだだきました!」と(笑)

ボランティアを最大限、格好良く訳せば『志士』。クラブと連携して支えるばかりでなく
主体的に考え、動いて自ら場を盛り上げ、やり甲斐を見つけ出す事が大切なのではないかと。
サッカーでも何でも「守りっぱなし」はつまらないですからね。

ボランティアに参加して以来、色々なネタを作って持って行きました。これが自分なりの「シュート」だと。
自主的にボツにした物もあれば却下された物もあります。シュートは決まらない事の方が多い。
でもそこでめげないというか、ふてくされないのが楽しく続けるポイントかなと。
「3本打って1本入れば超一流選手」ぐらいに構えています。
まあ、私自身の決定率はそれをはるかに下回りますが(苦笑)

IMG_7127_R.jpg

ボランティア募集のポスターをリニューアルしてみました。あと何パターンか作ろうかなと。
写真じゃ見づらいけど当ブログのQRコードも載せています。

遠目からでも積極果敢にシュートを打つのはもちろん、しっかり守ってパスをつなぐ。
色んなプレーに関わって盛り上げたいなと。当然私のような落ち着きのないプレーヤーばかりだと
チームは成り立ちませんので(笑)それぞれの持ち味を生かして良いチームを作りましょう。

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。