Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チームの調子と関係なく、水戸は岐阜に勝てない。J2では鉄板のジンクスとされてきました。
しかし2012年から状況は一変。昨日も含め、直近の対戦4試合で3勝1分。極端な逆転現象です。
私達はなぜ、急に勝てるようになったのか?今回はそこを検証してみましょう。

過去の得点記録を見てみると、2011シーズンまで岐阜に在籍した押谷祐樹・嶋田正吾の両名が
水戸キラーの役割を果たしてました。「ミドルシュートの名手」と、「異常に足の速いサイドMF」。
まさに急所というか、苦手とするタイプです。彼らに散々やられた記憶を持つサポーターは多いでしょう。

現在のFC岐阜にも尾泉大樹・地主園秀美という、キックやスピードに特性をもつ選手はいますが
怪我や経験値の問題で出場機会に恵まれず、まだ脅威には至っていません。
スタメンの多くがショートパスと競り合いに適性ありと目され、近年の水戸にとってはむしろ「大好物」。


選手の顔ぶれが変われば、相性も変わる。それは当たり前の事。
やはり天敵だった森山泰行氏と印象が重なるFW・中村祐輝選手の欠場もラッキーでした。
エリア付近でゴリゴリ仕掛ける、やたら精神力の強いストライカーは嫌な存在です。

さらに新基軸として、水戸ホーリーホックから『岐阜キラー』が誕生しました。
その名はDF尾本敬。途中出場のセンターバックが、ホームでもアウェイでも駄目押しゴール。
確率的に「何か持っている」と言って良いでしょう。まさかの伏兵がいた(笑)


ジンクスといえばFC岐阜のキーパー・時久選手からPKを2本決めた事も称賛に値します。
何せ彼は今季、取られたPK7本のうち6本をセーブしている。実に阻止率86%!
キッカーの目線や爪先の動きからコースを読めると言うけど、その能力が発達しているのか。
対峙する隆行選手、三島選手にかかるプレッシャーも相当だったでしょう。

しかし仮に時久選手が『エスパー』だとしても、『超人』ではない。
ゴール隅に勢いよく転がせば、守備範囲の限界があります。
無闇な駆け引きはせずシンプルにコースを狙った2人の、「無策の策」が紙一重で上回りました。

むしろ超人は、水戸のゴールマウスを守った本間選手。
彼のゴッドセーブがなかったら、相手のFWバージェ選手に2点ぐらいやられたと思います。
勝敗を分けたのはちょっとした個人能力と、コンビネーションの差。
守備の課題は多く出たものの、3年間の積み上げを4-1というスコアで表現できたのは素晴らしい。


今季から水戸ホーリーホックが取り組み、進化を続けている『3-1-4-2』の超攻撃的布陣。
豪快さと危うさが混在するシステムだけど、「人数的な余裕などない!」と涙目になりつつも
全員が最大限ファイトする形は水戸に合っている。私達裏方の姿にもリンクします。

最後の最後までゴールに向かい、対戦相手を追い詰める『捨て鉢な攻撃精神』。
我々に煮え湯を飲ませ続けた、FC岐阜の特長でもありました。
はからずも水戸がアウェイ長良川のピッチで、それを披露し勝てたのはとても感慨深い。


・・・以上は素人分析です(大汗)。「ジンクスは破るためにある!」強く言い張りたいがために、
無理めの持論を展開しました。的外れでも苦手意識の正体を突き止め、メンタル面も含め対策を練る姿勢は
これから水戸ホーリーホックが壁を乗り越えるために、とても大切な事だと思います。

FC岐阜は今後も手強い敵として立ちはだかるでしょう。
東京V、松本山雅を含めた「緑の縛り」から、完全に解放されたわけじゃありません。
とはいえ恐れすぎる必要もない。自分の持てる力を着々と磨いていけば、胸を張って結果を残せるから。

明後日はホーム福岡戦。「順位の近いチームに勝てないジンクス」も、堂々と打ち破りましょう!

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。