Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J通算100試合目で5シーズンぶりのゴール、勝点獲得に大きく貢献した輪湖直樹選手。
速さ・巧さ・スタミナをあわせ持つ有望株として、大きな期待を受けてきました。
タッチライン際を果敢に駆け上がり、敵陣深くまで「えぐる」様はKsスタ名物。

水戸に入団してから左サイドバックで起用されていましたが、最終ラインの守り方に苦しみ
才能を充分には発揮できませんでした。良い意味で「割り切った」プレーが彼の特長だと思いますが、
行くか行かないかの判断に迷って、どっちつかずになってしまう場面も多かった気がします。

しかし、中途半端で終わる男ではなかった。きっかけは3バックへのシステム変更。
右の近藤岳登選手とともにポジションを上げ、MFに配置されると素晴らしく躍動!
持ち前の破壊力でサイドを制圧する、大車輪の働きを見せます。


ある時は最後尾、ある時は中盤、ある時は前線。90分で「走り死ねる」運動量が要求される。
戦局ごとの判断も簡単なものじゃないけど、背番号3は実に楽しそう。
とりわけ攻撃ターン、全身から「わーい!!」と喜びが湧き上がる感じです(笑)

小澤選手のスルーパスに輪湖選手が抜け出し、ゴールへ叩き込んだ形は水戸の新必殺パターン。
サイドから侵入して突如FWに化けるやり口は、将棋に例えれば『香車』が敵陣で『金』となり
王手をかけるようなもの。相手に与える物理的、心理的ダメージは計り知れません。

輪湖選手のゴールは、私達ボランティアスタッフにとっても嬉しい出来事でした。
礼儀正しい好青年という彼のキャラクターもあり、裏方人気が高いプレーヤーです。
インターセプトや右足のキック力が向上すれば、恐るべきウイングバックとなるでしょう。


高精度クロスを連発、ピッチ上でも牙をむき始めた近藤選手。
サイド最古参としてレギュラーを奪い返したい島田祐輝選手。
密集地帯をドリブル突破、魅力的すぎる特性を持つ二瓶翼選手。
夏戦線で繰り広げられる、「えぐり屋」達の本領に括目!

・・・余談ですが当ブログの『水戸魂』カテゴリも、100を数えました。
次こそはホーム100勝目を挙げたい。えぐって、勝とう!

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。