Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3バック1ボランチの『3-1-4-2』という、超攻撃的な布陣で臨んだホーム鳥取戦。
攻め合った末に2点ずつ取り合って、ドロー決着となりました。
若き両ワイドがゴールを決めたのは大きな収穫。一方でカウンターの対処に課題を残した試合です。

大ざっぱに捉えるとフィールドプレーヤーの「6人で攻め、4人で守る」システムを敷いて、
先制点が奪えれば相手を呑み込む事もできたと思います。しかし虚を突かれる形で取られては追いつき、
また取られては追いつくという展開は、凄く頑張ったけれど苦しむ時間の方が長かった。

特に前半は押し込んでいただけに、微妙なタイミングで抜け出され失点したのは勿体ない。
オフサイドじゃないか?と何度も映像を見返しましたが、最終ラインを上げる/上げないの意思疎通で
中途半端になった感は否めません(それでもオフサイドだったと思うけど・・・気持ちを切り替えるしかない)。


後半早々セットプレーで追いついたわずか2分後に、再びリードを許したのも痛恨でした。
シュートそのものは鳥取の田中雄大選手を褒めるべき『ゴラッソ』の類だけど、コーナーキックを与えた
きっかけが中盤底のパスミス。選手の配置上、ここで奪われると一番危ない。

攻撃面では輪湖選手が最前線まで幾度となく飛び出して、ゴールも決めたので非常に有効でした。
その反面で前掛かりとなったリスクも大きく、サイドに長いボールを出されると崩される弱みが。
守り方次第で、ゲームがダイナミックにも大味にもなる両刃の剣。


とはいえ無難なスコアレスドローで終わるより、格段に面白かった。
長所も短所もはっきりした布陣で、斬るか斬られるかの真剣勝負。
毎試合これでは心臓に悪いけど、水戸にまたひとつオプションが生まれたなと。

今のJ2は研究合戦なので、試合中にも「やり口」を変えられる柔軟性が重要。
状況に応じて前掛かり・ドン引き・中間シフトを使い分けられれば本当に強くなれる。
水戸ホーリーホックも、ようやく『武器を選べる』段階に来たという事。

選手達がより精度を上げて躍動できるよう見守り、応援し、支えましょう!

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。