Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前半40分、左サイドバック輪湖OUT→尾本IN。柱谷監督の決断は見事だったと思います。

輪湖選手が悪かったわけじゃなく、得点の匂い漂う働きをしていました。
ただ彼の特徴に、「チャンスもミスもビッグプレー」というものがあります。
対面の東京V・森選手のクオリティと経験値を考えると、悪い意味で何か起きる可能性の方が高かった。

替わった尾本選手は「守備的サイドバック」。たまに裏を取られるものの、安定感があります。
攻撃面では受けたパスの5本中4本を、横か後ろに戻す選択をする。
カウンターアタックの速度を鈍らせ、消極的と批判される事も。
しかし残り1本は精度高いフィードで、敵の急所を突く。長身でセットプレー時も効果的。

将棋に例えれば輪湖選手が「香車」、尾本選手が「銀」といった感じでしょうか。
どちらも動きにクセのある駒で、使い方によっては武器にも弱点にもなる。


チーム全体でパスミス連発、自らリズムを崩した神戸戦。その反省を踏まえるなら、絶妙な用兵でした。
点は入るかもしれないけどリスクが高い輪湖VS森の「殴り合い」に危うさを感じ取り、
スペクタクル性に欠けても堅実な最終ラインを再構築。前半のうち「探り合い」へシフトさせて勝点1獲得。

決定機の多かった雄斗選手にもう一本シュートを打ってほしかったけど、アウェイ戦として合格でしょう。
何より試合内容がとても面白く、ハラハラドキドキワクワクが90分間途切れませんでした。

骨折から戦線復帰し早速ゴッドセーブ連発の本間選手と、リーグ最少失点を支える佐藤優也選手のGK対決。
本間選手の超人ぶりには改めて敬服します。佐藤選手も素晴らしいですね。北九州時代から思ってましたが
将来的に代表入りできる逸材だなと。隆行VS高原の元W杯戦士バトルも見ごたえ充分!

ヴェルディユース出身の前田直輝選手が天才的なドリブルで沸かせれば、水戸もFC東京U-18から加入で
同い年のドリブラー・二瓶翼選手がシュートで応戦するなど、随所に火花散らす攻防が見られました。
自分がどちら贔屓でもなく、純粋なサッカーファンとして観戦していたら、両チームのパフォーマンスに
「ブラボー!」と手を叩いたでしょう。でも水戸の身内だから、楽しさ半分悔しさ半分です(苦笑)


スコアレスドローとはいえ、これだけドラマ性の高い試合はなかなかお目にかかれません。
もし左サイドを替えずにヴェルディと殴り合いを続けたとすれば、どんな試合になっていたか?
それも面白かったかもしれないけど、どちらかといえば怖かったのかな(汗)

次はガンバ大阪とのホームゲームをいよいよ迎えます。集客も予想される中、探り合いで許されるのか?
柱谷監督と西ヶ谷コーチはまた1週間、ギリギリまで試合プランを考え抜くでしょう。
今日は勝負のアヤで悔しかった輪湖選手、Ksスタを沸かせる貴重な存在だから切りかえて頑張れ!
近藤選手や木暮選手も、秘密兵器のままじゃいけないプレーヤーです。

ピッチ内も運営も良い準備をして、ビッグマッチに臨みましょう!

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。