Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホリスポ第8号
-2010年7月25日(日)発行-
『進め俺達の誇り』


・underdog~へっぽこ社会人チーム死闘の記録~ 第8話「カミソリ三上」

・たんけんホーリー君 「試験に出る東海村」の巻

・わかるかな?⑧ 「2010年所属選手で、名前に<大><中><小>がつくのは何人?」

・サッカー語辞典 アンカー【あんかー】

・この一冊 世界一蹴の旅 村上敦伺/四方健太郎・著

・今日の至言 スヴェン・ゴラン・エリクソン(監督/スウェーデン)

・「ホームタウンサミットでの1コマ」

・熱狂スタジアム宣言 「判断と戦況」

・伝説のゲーム 2007年11月10日(土) 水戸vs愛媛



<主筆コメント>
W杯中断でお休みしていた『ホリスポ』もこの号から復活。世間の諦めムードを覆してベスト16まで勝ち進み、「なせばなる」を見事体現した日本代表チームに感化され、再び「水戸ホーリーホック×ワールドサッカー」というテーマに挑戦しようと頑張っています。それにしてもエリクソン監督を取り上げるボランティア新聞、渋すぎですね(笑)
その一方でホーリー君は地元を大切に、ホームタウン東海村を探検。3年ほど住んでいたのに知らなかった場所をいくつも発見し、さながらNHK教育『たんけんぼくのまち』のチョーさん気分でした。今共感した貴方はアラサー世代です(笑)
ホームタウンサミットの記事で、久々にボランティアの話題に触れました(苦笑)本当は「ボランティアのやり甲斐」とか、もっと大きく取り上げた方が良いのでは?といつも自問自答しています。でもこの新聞については「サッカー語辞典」のような、得体の知れないコーナーを残した方が良いと、編集者というか演劇人のカンが働くので当初から今に至るまでの「ごった煮スタイル」になってます。
関係者やサポーターの思いをストレートに伝え、広めていく事。それは別の機会を作って是非やりたいなと。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。