Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連勝で乗り込むアウェイゲーム。会場は本城陸上競技場。主審・野田祐樹さん。
これらは全て水戸の「負けフラグ」です。決して物理的に不利な要素じゃないけれど・・・。
特に野田さんは公平なレフェリングをする方だし、ジンクスとしか言いようがありません。

シュート数は水戸3本に対し北九州9本。勢いとして0-3ぐらいで負けても不思議はない。
しかし結果は巧みに相手の勢いを削ぎ、2-0で勝つ事ができました。
内容が悪くても疲れても、サボらずに身体を寄せ続けた成果が出たと思います。

やはりJリーグ史上初の「監督兄弟ゲンカ」は、燃える要素でしょう。
とりわけ弟は子供の頃身体が小さく負けがちだから、モチベーションに微妙な差があったかも。
私も兄にプロレス技かけられた経験があるので、よくわかります(笑)

絶対に勝ちたい意地がピッチに伝染し、全員ハードワークをやり切った。
フル出場を果たした大ベテラン、隆行選手と冨田選手の動きはまさに神懸かりです。
人間の肉体に限界はないのかと、感動すら覚えました。


若手も負けじと才能を開花しています。
シュートの見切り等、判断力に驚異的な進歩を見せるGK笠原選手。
攻撃だけでなく守備でも狡猾(こうかつ)さを発揮しはじめた小澤選手。
クロスでアシストを記録、名サイドバックの道も夢じゃない石神選手。
チャンスが広がる時間空間を見つけ出す非凡なセンス、「実は天才だった」内田選手。

殊勲のゴールを挙げた2人については「やって当たり前」だから驚きませんが、
山村選手は栃木戦の決定機逸、橋本選手は千葉戦の途中交代で悔しい思いをした。
メンタル的に落ちる事なく、すかさず結果でリベンジしたのは男前。
この年代のプレーヤーが質の高さを見せるのは、チームに良い刺激を与えているでしょう。


先制したとはいえ後半風下に立ったり、パスが審判に当たってつながらない場面が出たり、
リズムを崩す落とし穴は沢山ありました。それでも慌てず騒がず、落ち着いて対処したのが勝因と言えます。
頼れる大人はチームにいるけど、甘えないで自立する姿勢が全体に浸透してきました。

次節は好調ムードに幾度となく水を差してくれた因縁の相手・横浜FCと対戦します。
ここまで水戸の堅守を支えてきたDF細川選手が累積警告で出場停止。
陰ながら今季の闘うベースを築いたFW難波選手は、レンタル移籍の契約関係で出られず。
不安なフラグは山積みというか、なるべく今当たりたくないのが正直な気持ちです。

だけど苦手意識のあった北九州に、通算成績でいつの間にか勝ち越しているように
ファイトを続ければネガティブな歴史を変える事もできます。
それでこそ不屈の魂を貫く闘将・柱谷哲二のチームであると。

難敵や難題に打ち克(か)つには、まず己に克たないと話が始まらない。
支える私達にも、越えるべき課題は見えている。
それらと取っ組み合いのケンカをする事で、明るい場所への道は開けます。

自分に克とう。敵に克とう。皆で克とう。

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。