Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレスもパスもバラバラ。本日アウェイ福岡戦の開始直後は、前節の内容を引きずっていました。
しかし待ちに待った「本職のダブルボランチ」がゲーム勘を取り戻すのと連動して、攻守は鋭さを増す。
インターセプト、中盤のつなぎ、裏への抜け出し。次々に「らしさ」が甦り、数度の決定機を演出しました。

相手のGK水谷選手やMF城後選手という「個のクオリティ」で、とても苦しい状況へ追い込まれましたが
今年はここから強い。なりふりかまわぬパワープレーが実り、土壇場で追いつく劇的な展開。
三島選手の落とし、橋本選手のクロス、山村選手のヘディング。ボールに気迫が乗り移る熱いゴールでした。


今回アウェイで勝点1を奪取するまで、長い伏線があったと思います。
チーム戦術のベースに「ベテラン依存」が根深く残り、偉大すぎるGK本間選手が負傷して守備で
「多少緩くても何とかなる」状態ではなくなった。それは攻撃へ移る安心感を失った事も意味する。

従来の水戸であれば、大量失点と無得点で連敗街道を突っ走ってもおかしくありません。
それでも組織の崩壊を何とか食い止めたのは、前線と最後尾に「頑張れる選手」がいたから。
とりわけFW難波選手、DF細川選手のガッツは魂に訴えるものがあります。

皆決してサボってたわけじゃないけど、記憶に強く刻まれるほど身体を張るプレーヤーが
隆行選手と本間選手だけではなくなった。チームとして、ようやくスタートラインに立てた気がします。


動きの質で言えばまだミスが多すぎるし、勝ちに値する内容とは言えません。
ここ数試合ゴールマウスを守る笠原選手が、まずい判断で相手にコーナーキックを与えてしまった場面。
選手達の表情からは「俺達がフォローして守りきるぞ」というメッセージが伝わってきました。
水戸ホーリーホックに、「ミスを挽回できる何か」が生まれた瞬間だと思います。

サッカーの根幹をなす中軸が怪我で離脱し、ボロボロの状況で積み上げた勝点6。
とうてい満足できるものじゃないけど、水際で踏ん張った価値はある。

深刻な課題を先延ばしにして目先の結果を追うのと、
課題から目をそらさず(そらせず)春先のうち苦しみ抜くのはどちらが良いか?
後者を選ばざるをえなかった選手達は、不格好ながら克服しつつある。


関係者を含めたクラブ全体として、未だ「病み上がり」の不安なコンディションでしょう。
それでも確かな希望は見える。自信や確信に変わるまで、研鑽と無駄走りを重ねるのみ。

私達は強いのか、弱いのか?そんな事はもうどうでもいい。
持ち場でどれだけ闘って、成果を残せるかの方がよっぽど大切だから。
来週ホームで対戦する松本山雅は、サポーターを含め強い相手だけど
ビビらずに持てる力を正々堂々発揮したいです。

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。