Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私はボランティアのメインスタンド統括という役割で、スタジアム運営に関わっています。
場面場面の人員配置を中心に指示をしますが、明らかな判断ミスも度々やらかす(汗)
それでも大事に至らないのは、周囲にフォローしてもらえるから。

特に震災で運営システムが変わった一昨年は、まずい指示を頻発。
「俺がリーダーだと、組織にとってマイナスなんじゃないか?」本気で悩みました。

まとめるからには強くありたい。完璧でありたい。そう望んで努力もしてきた。
しかし自分の器を冷静に見つめると、せいぜい「中ボス」がいい所。
中ボスなら、中ボスなりのやり方を追求すべきでは?ある意味開き直ったら楽になりました。

世間はよく「強いリーダー」を求めますが、その立場になった者が己の実力を読み違えると悲劇を招く。
虚勢を張って格好つけるほど、格好悪くなる。自分で消化しきれないものは、抱え込まないのが肝心かなと。

幕末の豪放な男達のイメージには憧れるけど、現代のリーダーに必要な資質は「器の小ささ」ではないか?
ドンブリ勘定の大博打より、情報を臆病に分析して一歩ずつ進む方が大きな間違いはしない。
私も成長を諦めたわけではありません。とはいえ器が小さい以上、皆に支えられながら成長するしかないと。

もし職場などで「上に立つ悩み」を持たれている方がいたら、私の情けない姿を思い浮かべてください(笑)
人は強さを誇示するほど弱くなり、逆に弱さをさらけ出せると強くなる。
強いものは、脆(もろ)い。弱いものは、しなやかだ。

何だか朝の宗教番組みたいになってきました(苦笑)
とにかくひとつの価値観にとらわれる必要はないという事です。

以下、富山戦の写真から。

DSCN0088_R.jpg
偉大なプレーヤーが、水戸で現役キャリアを終える。サポーターにとってひとつの幸せです。
吉原選手がこれからも輝けるよう、心から祈って。

DSCN0090_R.jpg
資金に恵まれないクラブは、マスコットもバイト!?工場で働く白衣の健気さが胸にきます。
憧れのハワイを夢見る姿、「ハワイアンズはたまに行くけどね」というオチも含め、泣かせる名作4コマ。

DSCN0093_R.jpg
迫力ある2013版のぼり。この日のKsスタは強風が吹き荒れ、運営としても難しい展開。
お客様の安全第一で、ゲートのテントを早めに撤収したのは良い判断でした。
指示を出したのは私じゃありません(大汗)

DSCN0096_R.jpg
震災後この場所は、修繕のため足場が組まれ立ち入りできなかった。
今はお客さんが入り、サッカーを観戦している。当たり前の幸せに感謝。

DSCN0099_R.jpg
ピッチの司令官として風格が漂ってきた橋本選手。
個性に合ったリーダーシップで、仲間とともに伸び伸びと躍動してほしい。

DSCN0100_R.jpg
風下の劣勢を跳ね返し続けた守備陣。愚直でも最後までやり通せれば、勝点が手に入る。

DSCN0107_R.jpg
屈指の存在感を誇る、30代ツートップ。動きの質はもちろん、運動量でも若手に譲りません。
2人合わせて20ゴール以上挙げれば、Ksスタに新たな夢が生まれるでしょう。

DSCN0109_R.jpg
山村OUT → 雄斗IN。サイドのポジション争いも熾烈。
使われ続ける説得材料は、本番で結果を残す事。写真が暗くてすみません!

DSCN0115_R.jpg
勝利の喜びを共有すれば、次の勝利にもつながってくる。
サポーター・選手のラインダンスが始まったのは、嬉しいスタジアムの変化でした。


試合の写真ばかりだけど、ずっとサボッてたわけじゃありません(笑)
天候が急変したため、活動写真を撮る余裕がなく。これも良い経験としてノウハウ蓄積できます。
とにかくチームが気持ちの入った試合で勝てるようになって嬉しい。

自分の器はともかく、水戸ホーリーホックの器がどんどん大きくなれば良いなと。
その中に詰める夢など、内容も見失ってはいけませんが。

明日からのアウェイ連戦が素晴らしいゲームになって、
ひと回り成長した選手達の姿を楽しみに。

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。