Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホリスポ第25号
-2012年4月8日(日)発行-
『夢の日常へ』


・たんけんホーリー君 「大仏様に願いを」の巻

・背番号物語 25番

・この一冊 「越境フットボーラー」佐藤俊・著

・裏方の裏話 「てるてるホーリー君」

・underdog~へっぽこ社会人チーム死闘の記録~ 第25話「その先には、石川」


<主筆コメント>
昨年4月発行の第25号は、ナンバリングにちなんで『市川大祐特集』となりました。
同い年の私は彼が高校生で日本代表デビューした時、「こういう奴をヒーローっていうんだな・・・」と、
ただただTVの前で感服するばかり。それから15年経って、よもや同じ町のチームで関わる事になるとは。
水戸での市川選手は偉大なプレーヤーであるとともに、技術コーチの役割も果たしてくれたと思います。

ホーリー君はついに茨城の裏名所・牛久大仏へ!
個人的に学生時代、牛久の家庭教師先に原付で向かう途中、道に迷ってしまった事がありました。
夜の森を抜けると、煌々とライトアップされた大仏様の姿!泣きそうになった19歳の夏。
思えば誌面で取り上げた3か月後、Ksスタに『岡本大仏』が降臨したんですよね。何でも言ってみるもんだ(笑)

今年チームを去ってしまった選手を振り返ったところで、寂しくなるだけかもしれません。
だけど彼らが水戸ホーリーホックに残してくれたもの、残そうとしたものは大切に育てていくべきだと。
そこを中途半端にすると、本物の強さは手に入らないと思います。

歴代で在籍したプレーヤーは200人超、関係者なら数万人にものぼるでしょう。
受け継いだ魂を増幅させ、町を青く燃え上がらせたいですね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。