Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は仕事関連の資格試験を受けに行ってきました。会社から「若いうち取っておいたら?」と言われ、
初挑戦したのが3年前。その後6回連続で落ちてます(苦笑)
「簡単な試験じゃない」「忙しくて勉強できない」と、それらしい理由を挙げる事はできますが、
要はやる気がなかったからだと今になって痛感しています。

試験2日前に初めてテキストを開いたり、受験申込しておいて当日会場に行かなかったり、
我ながらどうしようもない時期もありました。「まあ、必須の資格じゃないし・・・」などと言い訳しつつ、
ズルズルここまで来てしまったのは情けないなと。

この6連敗から学んだ事としては、「当日逃げちゃいけない」「何度やっても駄目なら戦い方を工夫する」
の2点です。勝負事において『逃げた記憶』というのはけっこう根深く残って、いざという場面で
思い通り動けなくなってしまう。惨敗から教訓は得られるけど、不戦敗から得るものは何もありません。
ボロボロでも会場に足を運んで、悔しさと情けなさを身体に刻んだ方が、まだ今後の見込みはあります。

それと今回は勉強法というか、戦術を変えました。テキストのボリュームがかなりあるため、
文章を漫然と追ってても頭に入らない。かといって全文ノートに書き写すのは効率が悪すぎる。
要点を上手くまとめる理解度も時間もない。けっこう難儀な状況で、それも不合格続きの原因でした。
だからとりあえず理解してなくてもかまわずに、キーワードらしき所をどんどんノートに拾い書きしていく。
計算式はわけがわからなくても計算機叩いて例題を真似てみる。「身体で覚えよう」というわけですね。

あと方眼紙を買ってきて、1時間勉強するごとに1マス塗りつぶしていきました。
『サッカーダイジェスト』読みたいのを我慢して机に向かってるのだから、ダラダラやったら勿体無いぞと。
ノートにしても勉強時間にしても、やった跡が目に見えるようになると気持ちが乗りますね。

今日の試験結果も厳しかったけど、それでも以前より「戦えている感じ」はありました。
自分の中でこの資格試験が壁になっているので、近いうち是非乗り越えたいです。

それにしても、「やったつもり」「わかったつもり」というのは恐ろしいなと。
選手に「ベストを尽くせ!」と言っている自分自身が、ベストの尽くし方を知らないのもどうなのか(苦笑)
少なくとも格好悪いと思います。

物事が上手く行かなかった時に反省しても、その後の行動が変わらなきゃ意味がない。
もっと言えば、反省するような状況を作り出した時点で負けであると。
人生でもサッカーでも全勝はまず不可能で、もしかしたら手遅れになっている事だってあるかも。
しかしだからといってそれが『戦わない理由』にはならない。頑張っても上手く行かないかもしれないけど
せめて『やるだけやった記憶』 『足掻いた跡』ぐらいは残しましょうよと、そんな事を最近考えます。

とりとめが無くすみません。いったい誰に向かって語ってるんでしょうね(苦笑)
チームに「戦え!」とメッセージを送るなら、まず自分の持ち場で精一杯戦おうと思います。
きっとそれでお互いに強くなれるから。プレシーズンは鹿島、柏。そして開幕戦は京都と、
凄く強いチームばかりと当たりますが、自分自身も含め堂々とやり合う事を信じて。

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。