Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チームのHPで選手の契約更新&新入団情報をチェックするも、更新なしでガックリ。
昨年も似たような状況でしたがやはりヤキモキするものです。補強が上手くいきますように。

水戸の「現在」を語るのが難しければ、過去や未来を語りましょう。
本日は2012シーズンの10大ニュース(ただし運営目線)で、ご機嫌うかがいます。

①キッズパスポート効果
茨城県内の小学生は、シーズン通して無料観戦可能。スタジアムに家族連れが多くなったのは嬉しい。
昨年と比較して平均観客動員が+600人(18%増)と、地味ながら確かな前進を見せました。

②OB水戸に還る
かつて水戸の選手としてプレーした樹森大介氏がユース監督、北川佳男氏がユースコーチに就任。
歴史をつなぐ2人のもと若武者達はめきめきと成長し、茨城の育成年代に名を轟かせつつあります。
下部組織出身の選手がトップチームで大活躍、日本代表に選出される日を楽しみに!

③ラッピングバス運行
路線バスに『走る広告』を貼り出したのは、確か2010年。当時の中村、森、片山という選手会トリオが
スポンサー訪問しアイディア出していたんですよね(泣)町に出て「ホーリーホック」を
見かけない日はなくなりました。まあファンとして意図的にバスを見てるから目に入るのですが。
その効果はじわじわと現れています。さらに今年は全身まるまるチームカラーという、贅沢な車両が出現!
今後は斬新なデザインで2号車、3号車も期待します。町をホーリーブルーに染めよう。

④ガチャガチャ元年
グッズ展開も強化されましたね。問答無用でコンプリートしたくなるガチャガチャの魔力は追い風に。
選手フィギュアも熱いけど、そろそろ歴代ユニフォーム版とか出してもいい時期。
デルリスのいた2005年デザインなんか、格好良かったですもんね。

⑤ホーリー君生誕祭!
6月11日に10歳の誕生日を迎えたホーリー君。ホーム甲府戦で盛大な生誕祭が行われました。
ホーリー君の魅力を、クラブが積極的に生かし始めたのが何よりの成長。
クリスマスの絵ハガキなど、新たな愛らしいカットも描かれましたね。
ホームタウンレポートでは、彼の日々の活動が紹介されてます。働き者だなあ・・・(泣)

⑥岡本大仏降臨!
悩めるストライカー、岡本達也がついに覚醒!苦境にめげずコツコツ努力を重ねた結果、
驚異的な決定力を身につけました。昨年から続いた負の流れを断ち切った末の『大仏パフォーマンス』は、
Ksスタ史に残る名場面。これからもゴール&大仏を量産してくれ!

⑦山村佑樹、衝撃のデビュー
DFリーダーの電撃移籍。強豪相手に幸先よく先制するも逆転されて迎えた後半ロスタイム。
会場に漂う濃密な『負けフラグ』を一瞬で吹き飛ばしたのは、強化指定でピッチに送り込まれた背番号29。
鋭い眼光に、敵の神経をすり減らす技量。『怖さ』を備えたルーキーが、来季も水戸のピッチで暴れる!

⑧涙のJ2ライセンス
昇格ラインに食らいつき、ヒリヒリする緊張感を味わっていたチームに無情の「終戦通告」。
ようやくクラブが負のスパイラルを抜け出して、ポジティブな流れになってきた所に新たな壁が。
成績も観客動員も、町の協力体制すらも、全て自力で変えてみせろって事か。ちくしょう、負けねえぞ。

⑨青に染めろ
ホーム最終戦に向けて販売した5000枚のTシャツチケットはほぼ完売。
水戸のスタジアムが、最も青く染まった日になりました。試合結果も観客動員も本当に
「あと一歩」だったけど、未来は決して暗くない事を物語ったゲーム。
良くするも悪くするも自分達次第。まずは久々の7000人越えと、史上初の平均4000人越えを目指そう。

⑩水戸ユース、プリンスリーグ昇格!
寂しいニュースばかりのオフだったけど、下部組織から吉報が!若者はたくましい。
来季はリーグ再編成で10チーム中上位2チームしか「プリンス」に残れない、いきなりの苦境。
しかし可能性は常に残されている。さらなる奇跡と、飛躍を信じましょう!


以上、いかがでしたか?かなり偏った視点になったと思います。
2012年もあと50時間ちょっと。のんびりも含め、大切に過ごしましょう。
風邪などには気をつけて、良いお年を・・・。でもあと1回ぐらい更新するかも(笑)

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。