Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日行われたアウェイ草津戦はスコアレスドロー。北関東ダービーとしては2勝1敗1分で優勝、
タイトル奪還を果たしたものの嬉しさよりも悔しさが上回る試合内容でした。

天皇杯を闘い抜き中3日の水戸に対し、中6日の草津。コンディションに差はあったので動きが重かったのは
ある程度仕方ありません。それでも前半を無失点に抑え、後半は輪湖選手や星原選手のスピードを生かし
執拗に裏を狙う。草津守備の「激しさ」を逆手に取る形で、中村英之選手を早々に退場へ追い込みました。
ここまでは良かったと思います。

しかし退場者を出したチームは「引いてカウンター」という狙いが明確になるため、数的優位に立った側が
かえって苦戦する状況もよくある。水戸にとって本当のチャンスは、草津が10人になってバタついた
時間帯でした。そこで決めきるしたたかさを備えていなかったのが、勝点3を逃した原因かと。

従来の水戸ホーリーホックは、ピンチにもチャンスにも弱かった。でも今年に入りピンチに強くなりました。
あきらめないメンタルの成長で、逆転勝ちできるようになった。編成の話でもセンターバックの度重なる
離脱という事態も、尾本選手の成長や細川選手の加入で何とか踏ん張っています。
守備の要を失い続けるのはチーム崩壊も考えられるケースなので、これは本当に良くやっている。

一方チャンスに対してはどうか?個人的な感想ですが「まだ手つかず」状態なのではないかと。
相手の動揺や混乱につけ込めず逆に合わせてしまう悪癖が治らず、「お人よし」な印象はぬぐえない。
サッカーにおけるお人よしは、味方のサポーターを悲しませて敵のサポーターを喜ばせるだけです。

「勝つ時は汚く、負ける時は美しく」という言葉があります。少し解釈の難しい所で、
勝つためには相手を怪我させる悪質なタックルも許すという意味ではないでしょう。
とにかくダービーマッチは気持ちが入りすぎて、荒れた展開になる事が多かった。

でも当たりの激しさや球際の攻防、ぶつかる意地と意地は魅力。今回それがあまり感じられなかった。
水戸がダービーでもやり方を変えず、普段着のパスサッカーでゴールを奪おうとしたからだと思います。
ライバルに「大人になった姿」を見せつけるチャンスでしたが、上手くいきませんでした。

美しいサッカーを披露するだけでは勝てない。相手を揺さぶりミスにつけ込む、「底意地の悪さ」が必要です。
日本でこのメンタルを最も持ち合わせているチームは、他ならぬ同県の鹿島アントラーズ。
リーグ戦で苦しみながらナビスコカップ決勝に駒を進めたのは、やはり特別な何かがあるからでしょう。
J1の舞台へ追いつくために、もっともっと学ばなくてはいけない。

ここまで積み上げてきたベースがあるのだから、技術を無視して「気持ちだけでぶつかる」時代に戻って
ほしくはありません。ザスパ草津が理想とするサッカーをあまり把握していませんが、これからのダービーは
お互い目指す方向性の違いから、今日のようにどこか『噛み合わない』展開が続くのかもしれません。

北関東ダービーが盛り上がっていくのか、マンネリ化するのか。
カギはサッカーに対する高い志。気持ちはもちろん技術・戦術・局面の駆け引きに至るまでハイレベルな
攻防が繰り広げられ、観戦するファンが勝ち負け以外の所でも「しびれる」ゲームを期待したい。

応援の気運も含め、あらゆる面で一流のクラブを目指す事。
リーグも残り4試合。水戸と北関東の未来図を左右する、かけがえのない闘いが続きます。

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。