Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前半6分、Ksスタの客席から大歓声が沸き起こる。幸先良い先制点に、ゲートの裏方一同ガッツポーズ。
しばらく押せ押せムードが続くものの、徐々にスタンドは静かになり増え始める『FC!水戸!』と『幸司!』
コール。長年の「聴戦」経験(あまり観戦できないボランティアは、試合展開を現地の様々な音から予測する)
から、これは押し込まれてるなと容易に想像できた。前半42分、悲鳴と静寂。失点のアナウンス。

後半に入るとサポーター席から怒号のような声もちらほらと聞こえる。おそらくファウルの判定をめぐるもの
と思われる。対戦相手の岐阜、相当激しく当たりに来てるな。まずい流れだ・・・。
そして試合結果は1-1のドロー。後で公式記録と戦評を見直すと、やはり負けに等しい内容だった。


J残留にかけるFC岐阜のファイティングスピリットは、素晴らしいものでした。
しかし彼らは前日バスで8時間の長距離移動をしている。コンディション万全とは言い難いでしょう。
結果はともかくホームの水戸が当たり負け、走り負けしてはいけないゲームです。
選手達が不断の努力を続けるのはもちろん、クラブ全体にもっともっとサポートの力が必要です。

この日の観客動員は3403人と、やや寂しいもの。古くからチームを知り08年より運営に参加する
『もぎりの神様』Y氏と顔を見合わせ、「笠松時代はメインで1000人来れば大喜びだったんだけど」
「その感覚は捨てなくちゃいけないんだよね」と、お互い苦笑しました。

深い絶望にさらされて、「町を変える」決意に燃えた一週間前。しかし現実はまだまだこんなもの。
もし4000人だったら確かな進歩を感じ取れたけど、カウントされたのは良くも悪くもない数字。
客観的な評価として、今は『内輪で盛り上がっている』段階にすぎません。ここからどう人々を巻き込むか?

サッカーとしても運営的にも、まさにドロー決着。しかしそれは『無価値』なものではない。
従来の岐阜戦であれば追いつかれてから失点を重ね、1-3ぐらいで負けているパターンです。
今回も彼らに噛みつかれたけど、呑み込まれはしなかった。チームとして最後の所で踏ん張りました。

曲りなりに勝点1を上積みした事で北九州を抜き、順位表で真ん中よりも上の11位に浮上。
長らく縛られてきた12位というポジションから、ようやく抜け出せた。

そして観客動員、ひと昔前の日曜ナイターなら2500人が標準でした。水戸の歴史からすれば喜んでいいの
かもしれないけど、なおJ2平均を大きく下回っている。上へ行くためには劇的な成長が必須です。
ポジティブ要素とネガティブ要素が、半々で入り混じる現状。ここからいくらでも良くなるし、悪くもなる。
未来を左右するものは、チームに関わる一人ひとりの意識と働きぶり。残酷だけどこの上なくシンプルです。


個人的な話で昨日は、今シーズン最も走り回ったホームゲームでした。
理由は『備品の不足』という情けないもので、調整のためバックスタンドやアウェイゲート、運営本部を
限られた時間の中幾度となく往復しました。特に頭を痛めたのは「スタジアムアンケート」の記入用紙が
早々に無くなった事で、ハーフタイム明けにルーズリーフを裁断し文面をマジックで手書きして対応。

ボロボロながら難局を乗り切った試合終了時、誰もいないボランティア控室に倒れ込み肩で息をしながら
「俺、何やってんだろ・・・」と泣きそうな気分になりました。大の男が紙切れひとつに振り回され、
体力も神経も消耗してる滑稽さ。そんなものクラブのせいにして無視してしまえば、きつい思いはしない。

一方でベストを尽くさずに負ければ後悔する事も経験上、痛いほどわかっている。
ピッチの出来事に比べればアンケート用紙は、ほんの些細なディティールに過ぎません。
だけどその辺の『詰めの甘さ』が積もり積もって、J1ライセンスが交付されない事態になったんじゃないか?
嫌だ!同じ歴史を繰り返すのは。本能的なものが働いて、私はスタジアムを駆けずり回ったんだと思います。

ドローの価値はその後何もしなければ、腐っていく。
逆に輝かせるためには、自らの力を出し切り磨いていくのが唯一の道。
昨日の私の姿はこの上なく格好悪かったけど、力を出し切ったという自負だけはあります。

誰も見ていない場所での汗と涙が、いつか町に響きますように。

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。