Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災時お世話になった東京ヴェルディボランティア・Mさんが7月末、ご病気でお亡くなりになりました。

昨年4月23日Ksスタで行われたJリーグ再開の徳島戦、「実は水戸が大変なのでは?」と
率先して運営を手伝ってくれたのが、Mさん達ヴェルディボランティア・サポーターの皆さん。
関わりのないカードなのに朝6時に集合し、駆けつけてくれた心意気。身体に力が沸きました。

この助けがなければ水戸は逆転勝ちできる『闘う集団』になれなかったし、クラブの存続も危うかった。
対戦成績は悔しくても、ヴェルディには今でも感謝というか敬意を払っています。

訃報にふれ、「Mさんはこれから好きなチームのサッカーも、シーズンの結末も見届けられないのか・・・」
しばし呆然としました。昨年秋に味スタでお会いしたのが最後になってしまった。寂しいし、悔しい。

今、自分は何をすべきだろう?考えた末、私はもう一度ヴェルディの運営をお手伝いする事に決めました。

Mさんの代わりにはなれないけど、スタジアムに1人分のボランティアが居るという事。
それで少しでも力になれれば。9月17日駒沢で行われた東京ヴェルディ-愛媛FC戦に参加しました。

普段の味スタと勝手が違い、導線の確保に苦心しているようでした。水戸で言えば笠松で試合を行う
ようなもの。私は再入場対応を担当しました。案内表示は適切か?お客さんに親切な声掛けはできるか?
気になる事は遠慮なくフロントスタッフに報告。普段通りじゃなくても持てる力を出し切ろうと。

試合結果はヴェルディが約1か月ぶりの勝利。ゴールを決めたアレックス選手が撤収後、
ボランティア全員と記念写真を撮ってくれました。私もドサクサでサイン貰ってしまった(笑)
ゲーム運営に少しでも貢献できて「やったぞ・・・」と安堵しつつ、常磐線で帰途につきました。

赤塚駅に戻り水戸の結果をチェックすると、徳島に2-1で勝っていた!対戦カードも天候も、
試合経過もMさんが手伝ってくれたあの日と同じ。天国から見守っていてくれたのかもしれません。
助けになるつもりが、また助けられてしまった。「Mさん、ありがとう」心の中で手を合わせました。

生きている限り、受けた恩義は忘れない。そしてできる形で返していきたい。
私は自分がいつ死んでしまうのかわかりませんが、その際には支えてくれた人達の顔を思い出し
「ありがとう」と言いたい。これからもサッカーを通し、沢山の人と関わっていこう。

Mさん、貴方の笑顔はずっと胸にしまっておきます。
またいつかサッカーの話、しましょうね!

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。