Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のアウェイ徳島戦は悪天候の中、積み重ねたパスサッカーを貫き見事な逆転勝利を収めました!
安定感を増す尾本&代のセンターバックコンビ、決定力を見せつけた『エリアの支配者』岡本選手、
途中出場でもゲームを作れる特異な能力を発揮した村田選手、全員が素晴らしいパフォーマンスでした。

しかしこの試合は何といっても、復活の決勝ゴールを挙げた吉原宏太選手。
水戸は後半残り30分からシュート14本という怒涛の攻撃を浴びせながら、徳島GKオ・スンフン選手が
立ちはだかりなかなか点を取れないタフな展開。チャンスを逃してるうちにカウンターで
やられかねない雰囲気もある中で、ここぞの大仕事をやってのけた吉原選手はやはり「役者が違う」。

前線で鬼神のごとき奮戦を続けていた、鈴木隆行選手からの折り返しを絶妙のポジショニングでトラップ、
無駄のないモーションでボールを豪快かつ繊細に蹴り込んでみせた。「2人合わせて70歳」の、
技術と経験が凝縮された一撃。サポーターのみならず、サッカーファンがしびれる場面でした。

約1年ぶりにゴールを決めた吉原選手。怪我でイメージ通りのプレーができなかった事もあり、
本人が最も結果を待ち望んでいたでしょう。水戸ホーリーホックにとってはJ1昇格へ望みをつなぐ
貴重な1点であるとともに、ひとつの大記録が樹立された瞬間でもありました。

それは、『水戸の背番号9・Jリーグ通算100ゴール達成』!
内訳は以下のようになります。(敬称略。私の手集計につき間違ってたらごめんなさい・・・)

須藤大輔 14
小野隆儀 7
小林康剛 9
デルリス 8
ファビオ 3
アンデルソン 17
荒田智之 33
吉原宏太 9

吉原選手は背番号『13』時代に8ゴール挙げていますが、それは除外してのカウントです。
他の方々も同様。9番を背負ったストライカーが、サポーターに100回の歓喜をもたらした。
その節目を祝う人物として、吉原選手ほどふさわしい存在はいないでしょう。

近年劇的な変化を遂げている水戸ホーリーホック。悪条件にめげず勝ちきれるメンタルをも手にしつつある。
強くなれるのは、今まで歴史と魂をつないだ人々がいるから。そして輝かしい「これから」のために。
スタジアムで劇的なゴールが沢山生まれるよう、チームの一員として選手達を下支えします!

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。