Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前節千葉戦の敗因を違う観点から見ると、『危機感の差』も大きかったのではないかと思います。
J1昇格を「努力目標」とするか、「絶対目標」とするか。それが0-3というスコアに現れた。
崖っぷちのチームを鼓舞した8000人近いサポーターの迫力も含め、あらゆる面で学び強くならなくては。

危機感という意味では次節のガイナーレ鳥取も、かなり手ごわい相手です。
身の毛もよだつ「JFL陥落」の恐怖にさらされながら、毎試合ギリギリの攻防を繰り広げている。
戸川健太選手や美尾敦選手など、能力の高いプレーヤーが牙をむかない保証はありません。
呑まれるようなら5月アウェイの繰り返しになるばかりか、近い将来J2残留争いに加わるのは私達でしょう。

苦しい時だからこそ『オフザピッチパーティー』を開き、クラブ一丸となり上へ行こうとしている鳥取。
心意気で水戸も負けるわけにいかない。日曜は常磐大学コラボデーにつくば市の日と、Ksスタが
華やかな雰囲気に包まれます。地域力そして人間力を結集してぶつかる大一番です。粘れ!そして踏ん張れ!


題名の件、当ブログでバックナンバー紹介している『ホリスポ』について、他地域の方から
「どんな内容?見てみたい」と有り難い感想をいただく機会がありまして、以下に今季発行分アップします。
イメージをクリックすれば拡大されると思いますので、楽しんでいただければ幸いです。

第24号縮刷版
3月4日発行 第24号『一芸軍団の逆襲』

第25号縮刷版
4月8日発行 第25号『夢の日常へ』

第26号縮刷版
5月6日発行 第26号『11人の闘将』

第27号縮刷版
6月2日発行 第27号『誰がために』

第28号縮刷版
7月8日発行 第28号『強さとはなんだ』

第29号縮刷版
8月19日発行 第29号『本気に言い訳はいらない』


もし印刷かけてお読みいただける時は、A3サイズで『写真をフレームに合わせる』のチェックを外す等、
余白の調整すると良いです。ファイル圧縮かけているので、印字粗くなる可能性大ですが(汗)
連載小説『Underdog』については、後ほど当ブログでも第1話から再掲する予定です。

ホリスポの公開は今までずっと検討していた所ですが、「これは紙ベースだからこそ生きる!」と
頑なに考えていたのと、単に私の技術的な問題(ワード形式で作った新聞をブログにアップする手段を
知らなかった。ようやくJPEG圧縮して貼り付ける事ができた)で二の足踏んでました。

誌面で訴えようとしている『クラブ哲学』的なものを多くの人と共有するべく、
タイミングとして機は熟したなと。この辺とことん偉そうですみません(大汗)

最後に2010年5月5日発行の号外『ホーリー君の湊線すごろく』を貼り付けます。
こどもの日に合わせて撮影編集に30時間費やした力作ですが、発行は35部のみ。ほとんど日の目を
見ませんでした。ガチャガチャの選手フィギュア等、駒にして遊んでいただければ嬉しいです。
ちょうどこの1年後、リアルホーリー君の湊線イベントが実現したんですよね。
「ホリスポは予言の書だぜ!」と、ひとりドヤ顔でほくそ笑んでました。痛々しいですねえ(苦笑)

号外1(湊線すごろく)縮刷版

・・・いかがでしたか?月1ペースで出すのはけっこう骨が折れます。
2010年開幕からコンスタントに続けてきました。誰に頼まれたわけでもない、馬鹿馬鹿しい無駄走りと
自分で思うけど、これもチームの積み上げと成長につながっていくと信じて。

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。