Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_9309_R.jpg

Ksデンキスペシャルマッチに向け、勢いづけに漫画界のレジェンドと。
何せ『KAMEARI(亀有)』の『KANKICHI(勘吉)』ですから!
って、無理につなげる必要もないか(笑)

「こち亀」の連載が始まったのは1976年、鈴木隆行選手が生まれた年です。
派出所の同僚・中川君は25歳、麗子さんは23歳という驚愕の設定が。
憧れのお兄さんお姉さんだったのに、とうに追い越してしまったなあ・・・。
ちなみにアニメのサザエさんは、24歳って設定らしい(汗)

昔からだいぶ作風は変わったけど、面白く読ませる点は変わらないんですよね。
サッカーに例えればドリブラーからプレイメーカーに転生し、
38歳の今なお第一線で活躍するライアン・ギグスみたいなものか。

時事ネタと人情ものが入り混じる最近の話も好きですが、往年のハチャメチャな展開も楽しい。
小学生の頃読んだ、犬にカツ丼横取りされて逆上する両さんの姿が忘れられません。
ハイスペックなのにやる事なす事格好悪い、『星逃田(ほしとうでん)』ってキャラもいましたね。

トラブルばかり起こす両さんを叱り倒す大原部長は「うるさいおじさん」と思ってたけど、
今ではすっかりその立場に同情。私も年を取ったものです(苦笑)

何より凄いのは30年以上にわたって、一度も週刊連載を休んでない事。
鉄人を通り越して神ですね。コツコツ続ける大切さを、その存在自体が示している。
水戸ホーリーホックもコツコツ努力を積み重ねて、サッカー界の「こち亀」を目指しましょう!

・・・上手くまとまったでしょうか?(大汗)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。