Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪湖、尾本、そして塩谷の3選手が怪我とファウルトラブルで出場停止。
代わって入った石神、キムヨンギ、そしてプロ初先発の代(だい)健司というスクランブル態勢の
守備陣で臨んだアウェイ大分戦。水戸の選手達は持てる力を出して精一杯ファイトし、
今シーズンで上位に入る試合内容でした。しかし結果が最悪だった。

後半ゴールネットを揺らした島田祐輝選手のシュートが『オフサイド』の判定で取り消し。
パスが出た瞬間に相手DFが2枚残っていたのだから、これは誤審だと思います。
「どうしても水戸を勝たせたくないのか」と勘ぐってしまうけど、そんな考えが頭をよぎった段階で
負けへのシナリオはできてしまう。試合終了間際にセットプレーを決められ、ストレスの溜まる3連敗を喫した。

この場で主審のジャッジに対する不満をぶちまける事はしません(最近色々言いたくなりますが)。
考えるべきは内容と結果が伴わない時、次に向けてどう行動するかと。

一生懸命頑張っているのに報われない、それが数回続くと人の心は折れます。
全ての努力が無駄に思えて、闘っている場から『降りて』しまう事も考える。
でも最終的に勝ち残るのはそこでしつこく、粘り強く踏みとどまった者です。
物事を成し遂げるうえで、大切な才能のひとつが「あきらめの悪さ」じゃないかと。

水戸ホーリーホックは現在、選手もスタッフもサポーターも、そしてボランティアも本当に頑張っています。
それぞれに手ごたえは感じている中で、結果がなかなかついてこない。
サッカーの神様に嫌われているのか?何か見えない力が働いてるんじゃないか?
頭の中は疑心暗鬼。しかしこれは『良い雑念』じゃありません。

雑念をめぐらすならむしろ「今の頑張りは結果につながる方向性なのか?自己完結してないか?」を
検証してみた方が少しはマシな気はします。後々の結果なんて、誰にもわからないから不毛かもしれないけど
『頑張りが少しでも他人に伝わっている』『迷いなく臨めている』のならきっとポジティブな流れを
生み出すのではないかと。『仲間とともに殻や壁を突き抜ける』事ができれば最高だと思います。

とにかく関わる皆が苦しい。結果が出ないのと同時に『生みの苦しみ』だから。
苦しければ苦しいほど、素晴らしいものが生まれると信じましょう。
今温めてるのは『金の龍の卵』なのだから。選手とチームの、さらなるブレイクに期待です。
特に金龍起(キムヨンギ)選手、まだミスは多いけど一発ゴール決めれば大化けすると思いますよ!

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。