Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本に比べ、水戸は試合を通してボールに向かう反応速度が0.5秒遅かった。
それが敗因の全てでした。理由を挙げていくとまず輪湖選手とロメロ選手の不在。
縦方向への『速さ』『強さ』を持った武器を2枚欠いた状態で、いかに崩していくか。

ゲームをどうデザインするかの「探り」から入った水戸ホーリーホックに対し、
ロアッソ熊本のアプローチは真逆だった。決め事を守った状態で目の前のボールを追って追って追いまくる。
どちらの姿勢が正しいかはさておき、開始早々の失点は必然だったと思います。

この段階で水戸に精神的な動揺はまだ見られませんでした。しかし方向性も見いだせなかった。
プレスの網にかかる事を警戒するあまり、クサビのパスやサイドチェンジが入れられない。
横パスでボールは保持するものの、無闇に追ってくるわけではない相手の陣形は堅いまま。

何かをやろうとするけど、どうしたら良いかわからない。そんな『ノイズ』が水戸陣内を包む。
走るという行為にすら迷いが出た状態で、やはり良い事は起きない。
「ボールを前へ!」と明確な意図を持った熊本に、サイドを破られる形で痛恨の2失点目。

ここでようやく足が動きだしたというか、良い意味で「動揺」し始めました。
サッカーは走らなければ勝てない。当たり前の事ですが、無駄走りでガス欠し苦杯をなめた記憶もある。
ノイズを完全に吹っ切ったとは言えず、完全な消化不良で前半が終了しました。

柱谷監督がハーフタイムにかけた『個の特徴を生かしたプレーをしていこう』という言葉。
この通りにやれれば、もう少し良い試合運びができたと思います。今日スタメンに入った岡田選手は
速くて伸びのあるボールが蹴れるし、村田選手は周辺の状況を正確に把握する力がある。

しかしチーム全体として彼らの良さを生かせず、昨年のような隆行選手ポストプレー頼みになってしまう。
いかに屈強な隆行選手といえど2人、3人に囲まれて対応されたら競り勝つ事はできません。

ようやく状況が動いたのは交代で岡本選手がトップに入り、島田選手が左サイドバックに回ってから。
いつもの『ロメロ・輪湖』に近い縦への推進力を取り戻し、後半残り15分から攻撃の形を作りました。

終了間際に生まれた水戸のゴールは、教訓に満ちています。
「いろいろできる器用な選手じゃない」と自ら語る岡本選手が、誰よりも早く走ってボールに触った。
ただそれだけの事で貴重な結果を残しました。

どちらのチームがより多く走ったかといえば、誰が見ても熊本に軍配が上がります。
だけどより多く考えたのは、水戸の方だと私は思います。失点時間のまずさや、ジャッジの不慣れさはあった。
それでも一旦頭の中を整理する図太さが欲しかったけど、まだそのレベルに達していなかったと。
考えれば考えるほどドツボにはまってしまった。悔しいけどこれも貴重な経験値です。

「走りまくれ!」「死ぬ気でやれ!」という精神論だけで、おそらくJ1昇格は成し遂げられないでしょう。
ゲームやリーグ戦の流れを読みつつ、勝点3または1をしたたかに拾っていったチームが最終的に上がれる。

ガムシャラさのみならず『その時々の的確な判断』『考えて勝つ』というテーマに、選手達が本気で
取り組んでいるなら全力でサポートします。しかし「ひたむきに走る」「ボールに食らいつく」という
選択肢は常に頭の中に置いてほしいと願います。この2つを徹底したからこそ、
熊本は素晴らしいサッカーを展開し大きな勝点3を手にしたのだと。

水戸の意識やメンタル面について、満足はいかないにせよ特別足りなかったわけじゃないと私は感じました。
現在の課題は『ノイズ』への対処方法や、普段通りいかない時の『引き出し』だと思います。

これから昇格争いに絡むようになれば、ピッチ上も周辺も受けるノイズは半端なものではないでしょう。
2009年夏に受けたノイズで水戸は皆が麻痺し、自滅の形で夢を逃しました。
あんな情けなさはもう2度と味わわない。ノイズとしっかり闘えるチームを作るため、
次節に向け心も体も良い準備をするのみです。

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。