Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜の北関東ダービーにあたり、やはり『ザスパクサツ群馬』について触れなくてはならないでしょう。
ホームタウン広域化の「未来」とチーム創世の「歴史」間で苦悩する、関係者の姿が浮かびます。
にしても・・・と突っ込みたくなりますが、草津サポーターはそろそろこの手の茶々入れに
ウンザリしているでしょうし、外野がああだこうだ騒ぐのも野暮ですね。

私がここで言いたいのは『ガンバ』にしても『コンサドーレ』にしても、耳にした当初は違和感あった
という事(両チーム関係者の皆さん、引き合いに出してごめんなさい!)。しかし選手・スタッフ・サポーター
が汗と涙を積み重ねて、地元になくてはならない「カッコイイ名前」にしてきました。

名前なんて、あとからいくらでも付いてくるもの。世界的な名FWディディエ・ドログバなんかも
日本人の言語感覚からして格好のネタになりそうだけど、誰も彼を馬鹿にしてませんよね(たぶん)。
ドログバから感じるのは圧倒的な身体能力と巧妙さと、威圧感。
『ザスパクサツ』も今後、カッコイイ名前に化ける可能性を秘めています。

いずれにせよ人をからかったり、揶揄(やゆ)するネタ探しにエネルギーを傾けるのは、
自分に自信のない裏返しと言えます。見ていて格好いいものでもないから、ほどほどで止めましょう。

水戸としては他所様の心配よりも、早く町に『ホーリーホック』を浸透させる事に情熱を注ぐべきです。
未だに「うーん・・・ホーリーフォックス?」とか言われて、ガクーンと腰が砕ける時もままあるので。
『ホーリーフォックス(聖なる狐)』というのもそれはそれで強そうですが(笑)

これは完全な笑い話だけど2009年、グリスタに栃木-草津の北関東ダービーを運営手伝いに行った際、
当時の栃木SC社長さんが終礼挨拶で「今日は水戸ホーリックスから、Kさんが来ていただき・・・」と
チーム名を間違え、私は反射的に社長さんを殴りに行きました。ここは栃木ボラYMさんの羽交い絞めに
よって未遂に終わり、何とかリーグ追放処分を免れる事ができました。YMさん、あの時はありがとう(笑)

チームの知名度を、格好いいものとして広めていくためにはやはり地道な努力。
多くは戦績に左右されるかもしれないけど、いくら強くても戦い方や応援の仕方が汚かったら、
逆に広まるのは「悪名」です。イメージという面において、我々支える側も大きな役割を担っています。

残念ながら日曜の天気は良くない模様。それでも来てくれるお客さんのために全力で闘い、
凄い試合を魅せる。ボランティアもいつも以上の気持ちを胸に臨みます。
ダービー奪還が『ホーリーホック』の名を、また輝かせる事になるから。

Ksスタでお待ちしています!

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。