Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tifareブログをご覧の皆さん、こんにちは。滋賀支部の283です。
前回のレポートより、かなり間隔が空いてしまい申し訳ありません・・・。(とくに小番頭...)

さて!このたび、2012J2第3節・岡山戦を観戦しに、ファジアーノ岡山の本拠地、岡山県岡山市、
そして倉敷市へ行ってきました!そこで気づいたこと、感じたことを書いていきたいと思います!

まず、Kankoスタジアムの最寄り駅となっている岡山駅から徒歩でスタジアムへ向かいました。
駅構内に岡山のポスター、のぼり等は見受けられなかったものの、駅前に所在するNHK岡山放送局のビル、
ガラス張りの壁には大きく岡山の幕が掲げられており、かなりの存在感がありました。

h1_R

駅前にスタジアムまでの案内表示は見受けられませんでした。少し足を進めると、ファジアーノサポーターが
ユニフォーム姿でぞろぞろとスタジアム方向へ歩いていたので、付いていくことにしました。

1_R

スタジアムまでの道にはのぼりが並び、ちょうど駅とスタジアムの中間くらいにアンテナショップ
「FAGi SQUARE」がありました。ここはグッズ・チケット販売が主であるようです。駅から
スタジアムまでの距離は約1.4km、多少遠いようにも感じましたが歩くのにはちょうどよい距離でした。

h2_R

スタジアムに到着するとアウェイゲートには我々を歓迎するボードが!

2_R

こうしたホスピタリティのレベルの高さは各所に見られ、ゲートスタッフの対応も丁寧でした。
おそらくボランティアとアカデミー生によって行われていたものと思われます。
さすがは2011年度観戦者調査スタッフの対応第1位です。
(※ちなみに第2位は水戸なんですよ!!目指せ、第1位!)

出入り口がファジフーズブースに繋がっている工夫や、再入場に蛍光スタンプ制を導入しているところなど、
見習えるところはたくさんありました!

h3_R

ファジーアーノといえば...そう!ファジフーズです!この日も、ファジフーズブースはたくさんのファン、
サポーターでにぎわっていて、とても良い雰囲気でした!この日は「鍋フェスタ」という企画が
行われていました!お客さんによる投票によってNo.1を競うという企画です。
ファジフーズはアイディア豊富です。売店スタッフのお兄さんがとても気さくで印象的でした。
晴れの国・岡山、そういうところが人柄にも出ているのかもしれませんね!

3_R

さて、スタジアム場内の話ですが、このスタジアムのメインスタンドの形状などは、
ケーズデンキスタジアム水戸に似ているものを感じました。陸上トラックの幅が大きく、
少しピッチまでに距離を感じました。ただスタンドは立派で、とても見やすい高さでした。

4_R

印象的だったのは、小さな子供たちと若い女性のサポーターが多いこと! ユニフォームやTシャツに
身を包んだ子供や若い女性が声を出したり、手拍子をしたりして応援していました。
こうしたことの積み重ねが雰囲気の良さに繋がってくるのでしょうね!

最後に「ファジアーノフットサルパーク」です!ファジアーノフットサルパークは、岡山駅から
徒歩約5分程度のところ、ドレミの街というデパート内に位置する、事務所兼グッズショップ併設の
フットサル場です。我らがフットパルケ水戸との違いは何なのか!ということで突撃取材を敢行!笑

5_R

h4_R

事務所は屋上ではなくその一つ下の階、そしてフットサル場が屋上にあるという構造でした。
そんなことを知らずにケーズデンキロゴが入ったバックをデカデカと持って訪問した自分は、
「フットサル場を見せて頂きたい」と申し出ました。すると、水戸の人間だ!と察してくれた女性スタッフの方
(DF25市川選手が好きとのこと!)がわざわざ案内してくださり、屋上でいろいろと情報交換をしました。

フットパルケ水戸では存在するリーグ戦は行っていないとのこと。反対に、フットパルケ水戸では存在しない
「大人のフットサル教室」という企画がありました。他クラブが行っている企画についてスタッフさんから
お話を聞けたのは貴重な体験でした。これはフットパルケ水戸のスタッフさんに持ち帰らねば!

ファジアーノの施設はとにかくしっかり整備されています。そして存在感があります。
アンテナショップ、フットサル場共に拠点としての役割が果たされていました。
岡山という街のなかでのファジアーノの存在感、
この街にはJリーグがある!というのを十分に感じることが出来ました。

みなさん、今回のレポートいかがでしたでしょうか。
まだまだ構成等がひどいものではありますが、
これからも継続できるよう頑張りますのでよろしくお願い致します!

以上、ホームタウンメモ・ファジアーノ岡山編でした!

IMG_2509_R.jpg

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 283(Tifare SHIGA)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。