Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます!
実家でおせちを食べつつマツコ・デラックスの本を読破した小番頭Kです(笑)
風邪とかひいてませんか?皆さんにとって楽しい2012年になる事を、心より祈ります。

チームに関する話題の少ないオフシーズン、それでも高校選手権や海外サッカーなど盛り沢山なので
周辺からサッカーに思いを巡らせつつ、愛する水戸ホーリーホックの強化につなげられれば良いなと。

新年のトピックとして、FC東京と京都サンガF.C.の元日対決となった天皇杯から。
シーズンをJ2で戦ったチーム同士での決勝は、史上初の快挙(珍事?)。
我らが水戸も3回戦でG大阪を破るなど(何度でもアピールします 笑)『ジャイアントキリング』の
目立つ大会でした。J1とJ2、J2とJFLのレベルの差は詰まったのか?

単純にボールを止める/蹴る技術を見る限り、『個の力』においてJ1チームはまだまだ優位にあります。
しかし『集団の力』になるとかなりいい勝負というか、戦術面ではJ2が部分的にJ1を上回った感も。
京都を導いた大木武監督は、サッカーファンから今も熱い支持を受ける「たけし軍団」再来を思わせる
魅惑のショートパス戦法を展開、シーズン後半は伸び盛りの若手とともに無敵の強さを披露しました。

昨年開幕戦で京都と対戦した時は「パスをつないでくるばかりで怖くない」印象でしたが、
成績が低迷しようと美学をぶらさず貫いた結果、強さと怖さと面白さ全てを獲得。さすが大木監督だなと。

この京都を筆頭にカターレ富山やギラヴァンツ北九州など、充分な戦力と言えないながら監督が選手の
個性を融合させ、面白いサッカーを展開しているチームがJ2には多くあります。もちろん水戸も。
キャラ面でも柱谷監督、田坂監督(大分)、三浦監督(北九州)、高木監督(熊本)、そして福岡は
あの「男・前田浩二」が指揮官としてピッチに復帰!ちょうど13年前、横浜フリューゲルス消滅と同時に
天皇杯優勝という伝説を打ち立てたキーマンの1人ですね。濃ゆいなあ、九州勢(笑)

そして東京ヴェルディの川勝監督、ファンクラブ作りたいぐらい好きです。
横浜FC岸野監督も、このまま大人しくしているタマではないでしょう。
残念ながら退任となった湘南の反町監督は、サッカー雑誌で『Jリーグのノムさん』と紹介されてました。
知略と会見におけるボヤキ節、上手い例えですね(笑)。あと徳島の美濃部監督!
手腕もさる事ながらダンディすぎる風貌が忘れられません。寂しくなるなあ・・・。

これほど多彩なキャラの監督が個性を発揮できるのは、ひとえにJ2が『チャレンジできる場』
だからでしょう。チーム数の増加はレベル低下を招いたと批判する向きもありますが、
様々な背景や考え方を持つクラブと切磋琢磨できるのは、必ずしも悪い環境じゃありません。
貧乏弱小を宿命とされたチームが、強豪に一泡吹かせるべく本気で考えトレーニングに励む。
奇襲や賭けに近い戦法も、ハマった時の痛快さはサッカーの醍醐味を感じさせてくれます。

その一方で近年のJ1は、どうしても均一な印象を受けてしまいます。きらめく才能がどんどん海外に
羽ばたく事情を差し引いても、これといった個性を思い浮かべられるチームが少なくなったような気が。
理由として考えられるのは、チーム周囲がより強く『結果』を求めるようになったからかなと。

目先の勝点を追い求めれば、自ずとやるサッカーは似通ってきます。
かつてJ2が『ドン引きからのドカ蹴り』ばかりだったのと同じ現象が、今度はJ1で起こっている。
昨シーズンの京都や富山は理想のサッカーを完成させるべく、序盤の勝点はある程度落としても
やむなしという潔さを感じました(違ってたらすみません)。そして最終的に一定の収穫を得た。
しかしこのような『冒険』は、現在のJ1では許されないでしょう。「勝てない監督」なら即解任。

長期的に任せれば必ず魅力的なチームを作ってくれる監督なのに、任せる側が降格のプレッシャーに
負けてしまう。そして『勝負師・魔術師』タイプの指揮官ばかりが育つ。
結果にこだわる気持ちはわかりますが、ここ数年で戦術の硬直化つまり「見ていて面白くなくなった」事は、
将来の日本サッカーとJリーグに良い影響を与えないと思います。

そしてこれは今後のJ2にも当てはまる。いよいよJFLとの入れ替え制度が導入され、
なりふりかまわず勝点を取りに来るチームが増えるのが予想されます。
それが『パワープレー合戦』のような身も蓋もない方向ではなく、『知力と気持ちのぶつかり合い』という
スペクタクルな方向に作用しますように。自チームの残留とともに本気で願う事です。

リーグ戦でもカップ戦でも『J2経由』が輝きを見せた事、これには今後を暗示する何かがあると思います。
有能な選手を並べ、敵チームのキーマンを潰せば勝てるのがサッカーじゃない。
ゴールへの道筋に明確なビジョンを持ったチームが勝つ。その道筋は1パターンである必要はない。
これから「何だ!?このサッカーは!」と驚愕やワクワクをもたらし、
夢中にさせるチームが数多く現れますように。


・・・新年から素人が偉そうに、大変失礼しました(汗)

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。