Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホリスポ第14号
-2010年11月14日(日)発行-
『死してなお』


・わかるかな?⑭ 「FW中山悟志選手のJリーグ初ゴールは右足、左足、頭のうちどこで決めた?」

・伝説のゲーム 2004年11月13日(土)天皇杯4回戦 水戸vs鹿島

・たんけんホーリー君 「ホリ散歩in会津若松」の巻

・出撃!前日設営応援隊

・underdog~へっぽこ社会人チーム死闘の記録~ 第14話「ダイジェスト」

・今日の至言 ライアン・ギグス(ウェールズ代表)


<主筆コメント>
クラブ史上初の観客動員1万人を達成した柏戦。しかし試合は1-4で敗戦。感動と悔しさの入り混じったこの日を忘れまいと、付けたメイン記事タイトルが『死してなお』。負け試合のレポートは書きたくて書くわけじゃないけど、ここを雑にやると前進できない気がして力をふり絞りました。

「伝説のゲーム」は熱き水戸魂の持ち主・mbtさんに執筆お願い。こういうメンバー参加型の企画を、最近やっていないなと反省します。2004年チームを見始めて2006年ボランティア入りした私には、どうしても語れる歴史の幅に限界がある。1993年から2005年までジェフサポという、逆の視点での強みもあるけれど・・・。

準恒例シリーズとなった「ホリ散歩」は会津若松へ。『隣県・福島』をいかに応援していくかも今後の大きなテーマかなと思ってます。行って、写真を撮って、ご飯を食べて。正しい考えかどうかわからないけど、震災前と同じ「ちょっとした遠出の町」として福島県をとらえたい。

「出撃!前日設営応援隊」はホリスポ紙面においては異例。珍しくちゃんとボラ活動の報告してるじゃないかと(苦笑)『ボランティア色を打ち出さないボランティア新聞』という、謎のコンセプトだからこそ面白がって続けられてるのかもしれません。内容・レイアウトともに感慨深い14号です。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。