Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0-0のまま迎えた後半50分、横浜FC佐藤選手退場。そして後半52分、失点・・・敗戦。
我が目を疑うような試合経過が、PCの画面越しに伝わってきました。
文字通り「ハラワタが煮えくり返る」思いでブログを更新しています。

今現在、次に向けて気持ちを切り替えられる状態ではありません。
3連敗の始まりとなった相手にいざリベンジと乗り込んだ所を、
前回のPK判定以上のショックが残る負け方で屈してしまった。
サッカーの神様から「さて、どう出るよ水戸?」とあざ笑われているような悔しさを感じています。

この試合に対する恨み節や、自虐ネタを吐き散らしても責められないと思いますが、
あえて私は『ボランティアとしての誇り』を大切にしたい。どんなに悔しくても、
チームの勝率を上げる作業のみ清々と進める。


俺を含めて水戸よ、クサるなイジけるな。今より数倍も格好悪い事になるから。
闘ったのなら顔を上げて前へ進め。足りなかったのは何なのか、一緒に本気になって考えよう。
あとは行動のみ。人は頭の中やPC、携帯だけじゃ状況を変えられないんだ。
自らの手で足で口で、どんどん現実を動かしていこう。難しい事じゃない。
実際これまで随分面白くなっただろう?同じ勝点3でも、こんなに一つひとつの勝利が感動的な
シーズンなんて、初めてじゃないか。もっともっと面白くなると、信じて続けてくだけなんだよ。


IMG_0521_R.jpg

Yahoo!のJリーグコーナーにおいて、水戸ホーリーホック鈴木隆行選手が
J1の錚々たるメンバーを抑え、「期待値の高い選手」1位にランクされています。
水戸もそれだけ注目度が高まってきたという事。

つまらない負け方をしたからといって、「チーム関係者一同がスネている」
格好悪い姿を見せるわけにはいけません。
サッカーマンは常に子供達のお手本。それだけは忘れず今こそ胸を張りましょう。

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。