Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長らく横浜F・マリノスや日本代表で活躍し、現在松本山雅FCに所属する
DF松田直樹選手の訃報を受け、呆然としてます。頭に浮かぶのは「嘘だろ・・・?」という言葉のみ。
元ジェフサポーターの私にとって、彼は鬼神のように立ちはだかる手強い相手でした。
中田一三のクロスや武藤真一のパスがことごとくはね返された、悔しい記憶ばかりです。
あの強い男が、こんな事で倒れるはずがない。

直接の関わりはありませんでしたが、水戸にとっても無関係ではありません。
現在マリノスで堂々レギュラーを張るMF小椋祥平選手。守備者として受けた影響も大きいでしょう。
松本山雅の前線で戦う片山真人、塩沢勝吾の両FW。兄貴分として松田選手を慕っていたと聞きます。
そして2002年W杯、ともに日本代表で奮闘した鈴木隆行選手。
松田選手がいなかったら、あのゴールは生まれていなかったと思います。

生きていればプレーヤーとして、指導者として、今後も日本サッカーに大きな功績を残したでしょう。
『ミスターマリノス』と呼ばれるまでに愛された彼が、長野の地で自らの可能性に再び挑み、
何かを掴み伝えようとしていた。・・・そのスタートラインに立った状態で倒れてしまった。
いつも私達を励ましてくれるマリノスボランティアの方々、これから知り合うであろう松本山雅関係者の
無念を思うと、息が止まるぐらいに苦しいです。

本当は今もどこかで、彼が鬼の形相でシュートブロック、スライディングしてるんじゃないか?
松田直樹という偉大なサッカーマンが、こんなにも早く去ってしまう事はどうしても認められません。
彼がゴールとともに守ろうとしたもの。サポーターの想い、チームの誇り、国を背負うという事。

松田選手がいつでも帰ってきて大暴れできるようなスタジアム、Jリーグを準備するべく、
同じサッカーに関わる者のはしくれとして、戦い続けようと思います。
「さよなら」は言いません。あえて「マツ、今度は俺達が勝つぞ!」と、メッセージを送ります。

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。