Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日のホーム愛媛戦は3-1で勝利を収めました!
このブログでの勝利報告も、随分久しぶりな気がします。
選手・スタッフ・サポーター・ボランティア一丸となった、会心のゲームでした。

以下、写真中心でお届けします。

IMG_0409_R.jpg
ボランティア控室に入ると、闘将看板がお出迎え。JAグループ茨城が主体となって実施する
『GOGO茨城パワーアップキャンペーン』への後援として、広告に監督・選手が登場!
茨城の農畜産業を盛り上げるべく頑張れ!「茨城ダイチ」!

IMG_0407_R.jpg
ティファーレ攻撃陣のホープ・AZSKの新作。熱戦を良い感じに煽ってます。
近隣の常陸太田市に、ポンジュース工場があるんですよね。写真じゃわかりにくいですが
ホーリー君右手にジュースの画像がコラージュされてます。しかもこれはAZSK母の仕事。
お母さんスゲエ!!

IMG_0413_R.jpg
昨年ニンスタで買ってきた『愛媛FCチョロQ』。メンバーに大人気で、皆走らせてました。
ホーリー君もこのはしゃぎよう。積載オーバーで切符きられますね(笑)

IMG_0442_R.jpg
この日は浴衣ナイト。茨城大学アナウンスステーションOGも、浴衣姿で遊びに来てくれました。
次回岐阜戦は、花火が上がるぞ!

IMG_0423_R.jpg
はるばる愛媛から来てくれたサポーター。ありがとうございます。
松山はお手本にすべき良い町。道後温泉最高でした。ミカンの匂いがする石けんで身体を洗うんです。

IMG_0433_R.jpg
ホーリー君、いつも以上にテンション高め。その理由は・・・。

IMG_0426_R.jpg
アキレス腱断裂から復活の吉原選手、実に10カ月ぶりの戦線復帰!

IMG_0428_R.jpg
そして・・・

IMG_0429_R.jpg
W杯でゴールを決めた茨城県人、鈴木隆行選手もスタメン出場!!
ここに『サカつく』でも類を見ない、元日本代表FWによる『夢のツートップ』結成!

IMG_0445_R.jpg
修羅場をくぐり抜けた9番と30番によるキックオフ。期待と興奮が高まります。

IMG_0502_R.jpg
前半は一進一退も、後半早々に機動戦士・ロメロのスーパーボレー炸裂!画になる男達。

IMG_0501_R.jpg
柱谷監督の喜びが伝わる背中。ピッチカメラGJ(グッジョブ)です。
ファンタジスタ小澤司の大暴れもあり、4試合ぶりの勝利!さらに・・・

IMG_0450_R.jpg
おおおおおお!!!『68分 30 鈴木隆行』の、神々しい文字が!
小澤選手のフリーキックを頭で合わせ、チーム初となる「キリンフリー賞」も獲得。
やはり役者が違います。

IMG_0451_R.jpg
戦いを終え、拍手で迎えられる選手達。個人的にはもう一人の「鈴木」将也選手のガムシャラな
ボール奪取が印象に残りました。ボランチのレギュラー争い、再び激化の予感です。

IMG_0460_R.jpg
関係者のモヤモヤを吹き飛ばす快勝で「梅雨明け宣言」の水戸、勝利の凱旋!
そしてこの日のドラマは続きます。

IMG_0464_R.jpg
ヒーローインタビューに並び立つ両雄!この画だけでも、お金を払う価値あります。
攻撃面での活躍はもちろん吉原選手33歳のチェイシング、鈴木選手35歳のスライディングタックル。
『前線守備』での惜しみない汗かきが、見る人の心を打ちました。

IMG_0472_R.jpg
本当、格好良いとしか言いようがない。イケメンのみならず結果を残す信念の強さ、
人生で重ねてきた歴史全てを含めた、「総合的な格好良さ」ですよね。

IMG_0473_R.jpg
そして吉原選手。大怪我を負ってからチームの停滞、選手の入れ替わりと台頭、そして震災・・・。
全てをピッチの外から見るしかなかった、彼だけにしかわからない気持ちもあるでしょう。
試合に出場できた嬉しさ、ゴールを決められなかった悔しさ。
プロ根性の塊のような選手です。様々な思いに感極まり、男泣きに泣きました。

IMG_0474_R.jpg

IMG_0477_R.jpg

IMG_0480_R.jpg

IMG_0481_R.jpg

IMG_0483_R.jpg

IMG_0485_R.jpg
改めて、水戸に来てくれて本当にありがとう。吉原選手が来てからチームも、私達も強く変わる事ができました。

IMG_0487_R.jpg
サポーターも思いは同じ。本当はずっと泣きたかった。吉原選手の涙が水戸の苦しさ、悔しさ、
そして素晴らしさを代弁してくれた、そんな夜でした。

一生の思い出に残るこの試合に裏方として関われた事、会場を作れた事を心から誇りに思います。
私もスランプを脱しました。もう崩れません。
この小さくて、不恰好で、だけど温かくてひたむきな水戸ホーリーホックというチームで
皆とサッカーが続けられるよう、自分の31年間生きた経験をこれからも注ぎたいと思います。
同じ場所で闘う、偉大なツートップに少しでも近づけるように。

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。