Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日ホーリーホック事務所に顔を出してきました。元気出そうな栄養ドリンクを手土産に。
連敗で我々と同じくらい悶々としてるであろうフロントスタッフに
「勝てなくて辛い時期だけど、一緒に頑張って乗り越えよう!」と言いたかっただけですが、
今回それを『言葉』じゃなく『物』で伝えようと。

何かの本で読んだ話で、大きなショックから立ち直るには『呆然期』→『感動期』→『幻滅期』を経て
ようやく『復興期』を迎えるそうです。水戸もリーグ再開後の大逆転試合や、鈴木隆行選手の加入という
数々のドラマが生まれた『感動期』を終え、厳しい現実に向き合う『幻滅期』を迎えている
所じゃないかと。苦しいけど、これを認めなくては前に進めないと思います。

とはいえ「吉原宏太復活記念Tシャツ」や「浴衣ナイト」等のイベント・グッズ展開、小中学校を中心
として地道に続けている地域活動を見る限り、チーム全体の方向性が間違っているとは思いません。
大切なのは我々がヤケクソにならず、いかに良い流れに乗るか。作っていくか。

最近私そのものが「悪い流れ」に入っていたので、愛媛戦を迎える前にそれを断ち切っておこうという
動機もありました。運営担当と軽く週末の予習をし、余談で自分が札幌や仙台で見てきたもの、
同じく苦しんでいる他チームの現状を話すうちに気持ちが立ち直ったというか、
もう一段上へ行けるような感覚を得る事ができました。

あとは現場でどれぐらいやれるか。選手達と同様、運営も毎試合収穫を持って帰りたい。
全ては未来を担う子供達の笑顔と夢のため。停滞した分は、倍返しで強くなろうと思います。

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。