Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは!昨日の北関東ダービーは2-1で見事勝利しました!
決勝点のロメロ選手、「ついに来た」という感じですね。試合後の笑顔も最高。
中央の密集地帯をゴリゴリ猛進する姿はまさに『重機』。これもまた立派なパワープレーです。

同じくルーキーの小澤選手も今季2ゴール目を挙げ、引き続きサイド出場の選手が好調。
負傷の岡田選手と交代で入ったDF代(だい)健司選手、本来の力を発揮できなかった印象ですが
「そこにいる事」でチームを救いました。守備のユーティリティがいつでもピッチに出れるのは心強い。
開幕直前の加入だけに、本当に良い補強をしたと思います。

2トップの岡本選手、遠藤選手がしばらくゴールから遠ざかってるのは少し気がかり。
でも守備や組み立てで充分に仕事をしましたし、相手としてはサイドやボランチの選手に得点される方が
心理的に嫌だと思うんですよね。『絶対的エースを封じれば大丈夫』という絞りどころが無くなるので。

水戸が2009年の夏以降失速したのは、『荒田-高崎ライン』を研究されたのも原因だと思います。
今のうち得点パターンを増やすのはとても良い。さらに西岡選手、尾本選手あたり絡んできたら
いよいよ恐ろしいチームになるなと。今後が本当に楽しみです。

何よりチーム全体で「同じ間違いを繰り返さなかった」のが嬉しい。
またオシム語録からの引用ですが、同じようなミスばかり繰り返すチームを
『壊れたビデオ』と、辛らつな言葉で表した事がありました。

押し込まれる時間はあったけど草津のラフィーニャ、リンコン、アレックスのブラジル人トリオという
えげつない布陣にビビる事なく、逆に守備のアンバランスを突いてやろうという意識が見えました。
ムードに飲まれず闘えたと思います。

同点になった時は頭を嫌なイメージがよぎりました。決められたのは湘南からレンタル移籍の新鋭、
古林将太選手。前半から水戸の小池選手とスリリングなサイドの攻防戦を繰り広げていましたが、
まさかのヘディングシュートでJリーグ初ゴール。後半28分という時間帯もあり、難しい試合展開に。

後半残り15分でホームチームが追いついたとなれば、当然「そのまま逆転」という空気になる。
しかしそこで水戸の選手が「空気を読まなかった」「空気に流されなかった」事が一番の勝因でしょう。
『ダービー必勝』の意気込みはもちろん、やはり東京ヴェルディ戦の教訓が大きかった。

劣勢の時間帯をやり過ごし、鋭いカウンターを浴びせる『王道』を貫いて劇的な決勝弾を呼び込んだ。
中央でつぶれてアシストの小幡選手。ロスタイム最後の場面は「相手のいない方向に大きくドリブル」
というプレーでしっかり時間を使い、試合を締めてくれました。

このように一人ひとりが落ち着いて、やるべきプレーに撤したおかげで得た勝点3です。
それは正田スタに駆けつけた水戸サポーターも含めて。バックスタンド・アウェイ側の誰か一人が
欠けたとしても、このスコアにはならなかったでしょう。遠征お疲れ様でした。


空気を読まないという事に関してもう少し掘り下げると、以前読んだ漫画に
「ヒーローは空気など読まない。自ら空気を作り出すからだ」という内容の台詞がありました。
これは勝負事すべてにおいて見過ごせない、至言だと思います。

最近少し収まってきたものの、「空気読め」ブームは根強い。場を察する事なく無神経な発言、
行動をする人間はその場で叩かれるという。おそらく日本人の中に戦前からあった感覚だと思いますが
ネットワークの発達で、一個人の何となく言った事を「拾われる」機会は増えている。

結果として各人に「失言を恐れるメンタル」が、必要以上に育ってしまった。
耳障りは悪いけど言わなくちゃいけない所で口をつぐんで、互いの顔色をうかがっている間に
状況そのものが悪化している場面は、特に政治の世界で顕著だと思います。

『和を大切にする心』は美しいし、私も好きです。しかし誰もが当たり障りない、無難な事しか言えない
空気は物事を停滞させ、ひいては腐らせていくでしょう。嫌われる、叩かれるのを承知で信念持って
言わなくちゃいけない場面は必ずあると思います。もちろん、何ら信念の無い差別発言は論外ですが。

話がサッカーを離れ大きくなりすみません(苦笑)そんな大上段に構える必要ないけど
「空気ばかり読んでたら、最後は自分が空気になっちゃうんだぜ」
という言葉を、何かと日和りがちな自分へ戒めも込めて。

繰り返しになりますが勝ち続けるために大切なのは、『空気を作る』事。
「水戸は強い」「魅力的だ」という、ポジティブなものを。
その空気を作るのはむしろ我々ボランティアやサポーター、支える側が大きな役割を果たします。
もっと水戸へ、ホーリーホックへ愛を叫びましょう!

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。