Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のFC東京戦は2-3のスコアで敗れました。チームは現在持てる力のすべてをぶつけて
強い敵に立ち向かいましたが、それでも及ばなかった。点差以上に感じたのは『地力の差』。
とはいえそれは、ネガティブな結果ではありません。「怯まずに出し切った、やり切った」事そのものが、
水戸の歴史において大きな意味を持つから。ここからクリアになった課題へ、真摯に向き合うのみ。

展開次第で勝てたのかもしれない。主審のジャッジ自体が双方のスコアを動かしてしまった側面もある。
しかし勝点を取れなかったのは事実。水戸には『運』を含め何かが足りなかった。
思い当たる「足りない」物は私の統率力など、それぞれの中に少しずつあると思います。
ピッチ内、ピッチ外問わずに一人ひとりの課題を克服していく中で、チーム全体の地力が上がるのだと。

試合の録画を見返してみて、退場者を出した上に1-3という難しいスコアから1点返したメンタル、
そして技術的にはスローイン精度の向上と、『利き足と逆で蹴る勇気』が成長している面だと感じました。
終了間際に村田選手が放ったビューティフルシュートは、利き足でない左から生まれたもの。
好調を維持する小池選手も、左足で強烈なミドルを打ちましたね。

ここ数試合でモノになりつつある「光速サイドアタック」を筆頭に、昨季から続く『攻撃の手詰まり感』が
だいぶ消えてきているのはポジティブな要素。何かと槍玉に上がるノーゴールの遠藤選手についても、
前線でボールを奪いハーフカウンターの起点となってますし、キープ力と使い減りしないスタミナは貴重。
まだ22歳なので精度を上げていけば将来トッティのような選手になれるんじゃないかと、期待も込めて。

以下、写真を中心に活動報告します。
IMG_9129_R.jpg
小池選手、村田選手、小野選手、ありがとうございます!前回の神村選手に続きボランティアに
メッセージをくれた選手がゴールを決めてくれました。それにしても村田選手のシュートは凄かった。
FC東京のGK塩田選手が反応できなかったのは『村田=パス』というイメージが頭の片隅にあったから
だと勝手に推測します。富山戦でも珍しいドリブル突破を見せて、相手を混乱に陥れていました。
こうしてプレーの選択肢を増やせば、いよいよ恐ろしい選手になるなと。
プロ初ゴールにも関わらず、負けていたため厳しい顔つきを変えず自陣に戻っていた姿が素晴らしい。

IMG_9132_R.jpg
この日はティファーレ滋賀代表283、千葉に住むエリやんの『ロンドン世代』、
茨城県知的障がい者サッカー連盟の皆さん、そして北関東のライバル・栃木SCからは5名もの
ボランティアスタッフが参加してくれて、まさに『ケーズだヨ!全員集合』。賑やかな運営となりました。

IMG_9166_R.jpg
節電の流れで室内エアコンの替わりに置かれた扇風機。ホーリー君が陣取って涼んでます。
きっと暑さは苦手なのでしょう。そりゃもう色々と・・・(以下自粛)

IMG_9139_R.jpg
試合前、のぼりを立てるのもボランティアで。何でもやります、チームのために。

IMG_9140_R.jpg
チケット売場の様子。笠松時代にチケットやグッズ販売、サポーターズクラブ申込業務を経験しましたが、
お金の暗算が苦手な私には、大変な仕事でした(苦笑)

IMG_9154_R.jpg
一部開放となったメインスタンド。Ksスタ完全復活の道のりが見えてきました。

IMG_9131_R.jpg
チーム存続のため募金活動が始まっています。水戸からサッカーの灯は消さないぞ!!

IMG_9176_R.jpg
大型バイクが目立つ駐輪場。東京から、はるばるやってきた方もいるのでしょう。

IMG_9161_R.jpg
FC東京の大応援団に負けじと、開門を待つ水戸サポーター。大切なのはその心意気!

IMG_9173_R.jpg
今日も好評の茨城農産品コーナー。震災影響で多くの農家が困っています。収入が減っています。
このような機会が、各地で継続して設けられる事を切に願います。

IMG_9172_R.jpg
メインスタンド修繕の足場に『がんばろう!茨城』『がんばろう!水戸』のメッセージが加わりました。

IMG_9170_R.jpg
「風雲急を告げる」という表現がぴったりの空模様。激戦を予感させます。

IMG_9171_R.jpg
以前水戸に所属した平松大志選手、下田光平選手の横断幕を発見。FC東京U-18育ちの村田選手、
常盤選手も含め浅からぬ因縁ある両チーム。トップに上がれなかった村田選手が意地の一撃。

IMG_9157_R.jpg
ついに新ポスターがお目見え。被写体の良さも相まって超カッコイイ!!


実は私の友達の結婚式が新橋であったため、試合開始のホイッスルを待たずに活動を途中抜け
しました。サッカーに例えれば前半でピッチを去るような、無念の気持ちです。
だけどその友達がいなければそもそも水戸ホーリーホックに関わっていなかったため、
試合当日お祝いに、しかも東京へ向かうのも本当に何かの縁なのかなと思います。

FC東京サポーターの方々も含め、改めて多くの人のパワーが集まりサッカーは成り立つのだなと。
Ksスタに来て頂きありがとうございました。感謝の気持ちと同時に、心の底から負けた悔しさがある。
「やり切れなかった」、ジメジメした悔しさじゃなく「やって届かなかった」、カラっとした悔しさ。
追いつくまでの道のりは長いけど、それぞれの持ち場で『やり切って、続ける』しか方法はありません。

最後に我々の今の気持ちを代弁してくれている、DF保崎選手の試合後コメントを一部抜粋します。

「昔からPKはずっとループでした。止められるのも想定内。だから、すぐに詰めようと思っていました。
先制を許したけどこのままズタズタに負けるより、反攻してやろうと思ってました」


「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。