Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆さん、今週発売の『週刊サッカーマガジン』はご覧になったでしょうか?

IMG_8648_R.jpg

鈴木隆行選手の巻頭インタビューが、5ページにわたり掲載されています!
水戸ホーリーホックの選手が表紙を飾るのは史上初?

IMG_8649_R.jpg

IMG_8651_R.jpg

本当、格好いいですよね。修羅場をくぐった男の顔です。
欧州チャンピオンズリーグにも出ていた事を初めて知りました。
指導者も含めた日本人で、ここまで経験値を持った存在はなかなか居ないと思います。
未見の方はぜひ書店へ!!

さて話はさかのぼり、その鈴木選手がチームに加入する前日、つまり北関東ダービーを控えた6月2日。
私は仕事で水戸市内の営業に回っていて、昼食を取るため河和田の食堂に入りました。
店内にはチームの試合告知ポスターが沢山貼られていて「よしよし・・・」と思っていると、
座敷席に何やら見慣れた顔が。小野、保崎、笠原の3選手とたまたま遭遇したのです!

ボランティアも普段は選手と話す機会がありません。しかも私は自分がド下手プレーヤーという事もあり、
プロサッカー選手は本当に雲の上の存在だと思っています。ヘディングを空振らないだけで凄い(苦笑)
緊張してしまうので最初は気づかないふりしていましたが、鳥栖戦後の飲み会でボランティアリーダーに
「お前はもっと、選手と絡め!」とアドバイス(?)されたのを思い出し、勇気を持って話しかけました。

「あの・・・水戸ホーリーホックの選手ですよね?いつもボランティアスタッフでお世話になってます」
3人は少し驚いた様子でしたが、姿勢を正し笑顔で接してくれました。
「栃木戦、皆で応援に行きます。うちらも頑張りますんで」と、全員と握手しました。

この日一番の発見は保崎選手が、とても優しい顔で笑う事。ピッチ上の勇ましい姿とのギャップが良い。
今やJ2名物となりつつある超攻撃型サイドバック。ボールを持てば何かをやってくれそうな、
ワクワク感溢れるプレーが魅力です。FWからのコンバートで課題だった守備面も加速度的に改善
していますね。練習場で柱谷監督が、マンツーマンで熱血指導していた姿が印象的でした。

IMG_8640_R.jpg

これは私のアパートの冷蔵庫の写真。汚くてすみません(苦笑)かれこれ15年ぐらい使ってるので。
冷蔵庫といえばマグネット(断言)!2009年シーズン前の、ボランティア説明会で貰ったものです。
新人だった保崎選手の、3番のサインが入っています。年月が経ち、だいぶかすれてしまいました。
もしかして彼がプロ入り後、初めて書いたサイン?もっと大切に保管すべきだった・・・

水戸の背番号3といえば、前任である平松大志(現FC東京)のイメージが強かったので当初は
保崎淳(すなお)という名前の読みすら知らなかったけど、今や水戸の攻撃のスイッチとなる存在です。
ドリブル、クロス、切れ込んでの弾丸ミドル。これだけ豊富な選択肢を持ったDFは、貴重というか脅威。

その後の栃木戦、富山戦を無失点で乗り切った事を思えば、やはり「握手しといて良かったな」と。
応援する上でこういう思い込みは大切ですよね(笑)
チームとともに進化を続ける保崎選手の、スーパープレーに期待します!

・・・それにしても水戸の前線及びサイドのイケメン率、尋常じゃないっす(笑)

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。