Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2012/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312013/02


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラブ直営のフットサル場・『フットパルケ水戸』が、本日をもって閉店となりました。
2006年4月から約7年、自分のボランティア歴とほぼ同じ事からも愛着のある施設です。
ここでボールを蹴ったり、グッズを買ったり、試合の録画を見せてもらったり。

時には選手のサイン会が行われるなど、イベントスペースとしても機能しました。
果たした役割は少なくないけど、経営的にはやはり厳しかったかなと。

駅の屋上というロケーションは良いように見えて、なかなか気軽に行きづらい。
駐車券は発行されるものの近隣のコインパーキングから歩き、エレベーターに乗らなくてはいけません。
クルマ社会の地方都市からすると、けっこう不便な場所と言える。
一見さんが何となく立ち寄る雰囲気でもなく、新規ファン獲得という効果は薄かったと思います。

水戸ホーリーホックの抱えたジレンマを、この施設も体現していました。
チームのブランド力が人を呼び、さらにブランド力を上げる。そんなサイクルが出来れば良いけど、
わざわざ足を運びたいほどでもない。『関係者憩いの場』という立ち位置から、ついに抜け出せなかった。

私はフットパルケが好きなので、気持ち的はとても寂しい。
しかしクラブにとって赤字物件を手放すのは、良い事だとも思います。
この先できる金銭面、人員面の余力は強化費やJ1ライセンス取得に回せる。

「お別れ」じゃなくて、「ジレンマからの卒業」と捉えたい。
将来もっと良い場所にグッズショップや、交流スペースができてほしいです。
それまではスポンサー店頭やオンラインショップで頑張って、力を蓄えるべきでしょう。

水戸駅屋上から見える景色を、忘れません。
さよならフットパルケ。
そしてありがとうフットパルケ。

IMG_b5694_R.jpg

IMG_b5678_R.jpg

IMG_b5676_R.jpg

IMG_b5685_R.jpg

IMG_b5675_R.jpg

IMG_b5686_R.jpg

意味もなく、エレベーターで屋上に登ってしまう日がきっとあるでしょう。

by 小番頭・K

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。