Jリーグクラブ・水戸ホーリーホックを裏方としてサポートする、ボランティアスタッフのブログです。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーズン開幕カード決定、ひたちなかミニキャンプ、「アイスホッケー部」の始動など
新しいトピックが次々と入る時期になりました。私達運営ボランティアも2月1日(土)15:00より
Ksスタにて説明会が行われます。楽しく熱い1年になるよう、心と体を準備していきたいですね。

本日は少し時間を巻き戻し、2012年後半の記事を振り返ります。
過去のトピックを拾っていくのも、前へ進むため必要だと思い。

樹森コーチの贈り物
一度チームを離れた人はまず帰ってこない。でも10年やっていれば、帰ってきてくれる人もいる。
選手としてプレーしていた樹森さんが、下部組織でコーチとなり歴史をつなぐ。素晴らしい事です。
歩みは確かにゆっくりだけど、伝統をブツ切りさせず進んでいけるのは幸せかもしれませんね。

4コマ魂
AZSK母による渾身の名作集。私はこの4コマ漫画を紹介したくて、ブログ続けてたようなものです。

「復幸」への道のり(3)
宮城県南三陸町は、自分にとっても特別な場所になりました。現地の方が取り上げてほしいのは
奪われてしまった過去の風景なのか、これから取り戻していく未来の風景なのかいつも迷います。
もちろん答えは簡単に出ないけど、「なるべくそばに行く」事が大切なのかなと。心理的にも、物理的にも。

ジャッジメントを考える
Jリーグ全体、さらに世界共通で目に余る「誤審問題」。原因は審判団の怠慢だけじゃなくて
サッカーという競技の高速化に、彼らの動体視力がついていかなくなった話だと思うんですよね。
1960年代、80年代、そして現代の試合映像を見比べてみれば全くの別物。
それを同じ人数で裁くというシステムに限界が来はじめていると。

中継映像との連動やリアルタイム交信など、ゲームの面白さを損なわない程度の改革は必要だと思います。
線審経験者として、レフェリーへの罵詈雑言が募るばかりの現状は胸が痛い。

ホリスポ.NET
当ブログでバックナンバー紹介していた『ホリスポ』について。発行部数は毎号60部程度のもので、
実物を持っている人は少ないんですよね。何となくモヤモヤしている方もいたと思うので、
スキャン画像をアップしてみました。クリックすると拡大するので(やや粗いですが)ご参考ください。

ジャイアントキリングの楽しみ方
サッカー界の人材も行き来が激しくなり、J2はもちろん3部や4部にあたるチームでビッグネームが
プレーする事も珍しくなくなりました。J1のレベルが良くも悪くも均質化した影響もありますが、
天皇杯において番狂わせが起きる確率は上がった気がします。
その試合で両チームが味わった歓喜/屈辱が、日本サッカーをさらなる高みへ引き上げてくれると信じて。

恩義
震災後のKsスタでホームゲームを手伝ってくれた。その方がお亡くなりになった。
魂に寄り添うためには、彼女が汗を流したスタジアムで同じように働く事だ。
東京ヴェルディボランティアのMさん、恩義は一生忘れません。

松本山雅に学ぶもの
当ブログの「最多拍手記録」となった記事。それも全ては松本というチームの熱心さによるものでしょう。
何せ普段は1日100前後のアクセス数が、10倍近く跳ね上がりました。
彼らに抱く感情は間違いなく尊敬だけど、悔しさも確実にあります。
デフォルト(初期値)の違いは如何ともしがたい。認めた上で、水戸なりの方法で頂点を目指すとします。

きょうのホーリー君39
のどかな茨城の原風景を歩く。チーム愛は、こういう景色の思い出が源になっているんですよね。

育成の正義
地道に頑張ってきた人やチームが報われるのは嬉しい。これはどの国の価値観でも一緒でしょうか?
水戸も成功を収めた時に祝福してもらえるような、暖かさを失いたくないですね。

スポンサーサイト

水戸の攻撃を牽引してきたMF橋本晃司選手が、大宮アルディージャへ移籍決定しました。
やはりというか、クラブも「それを見込んで」補強を進めている雰囲気はあったので、
比較的冷静に受け止められるかなと。超絶技巧と歯に衣きせぬ言動で、ピッチ内外で楽しませてくれた存在。

ホーリーホックのおとなしいイメージ、そして背番号10が活躍できないジンクスを覆し『伝説の10番』
となった功績は計り知れない。「テクニックはあるけど線の細いプレーヤー」も愛情持って鍛えれば一流になれる
実例として、日本サッカーが持つ課題解決のカギを握っていると思います。

純粋に戦力の流出としては痛いけれど、水戸の育成に対する株はまた上がりました。
「予算がないわりに良い選手が来る」近年の傾向も、ますます強まるでしょう。
名のある実力者を獲る資金力があっても、額面通り活躍ができないケースが続けばそのチームは弱体化する。
お金の価値の半分は、使い方で決ます。それを肝に銘じつつ、橋本選手と水戸の輝く未来を祈りましょう!

今回は彼が入団した2012年前半の記事を振り返ります。

岡山の裏方魂
サッカー熱のそれほど高くなかった地域にチームを立ち上げ、着々と成長させる。
極めて難しいミッションに挑み、成功しつつあるファジアーノ岡山は、とても興味深い存在です。
社長さんの経歴だけを見ると「いけ好かないエリート」という勝手なイメージが沸きますが、
その言葉を拾っていけば紛れもない本物。先輩であれ後輩であれ、良い面は素直に見習っていきたいですね。

よろしく勇気
通常の活動記録にとどまらない、幅広い分野からサッカーボランティアを語るのが当ブログのテーマだけど、
これはさすがにやり過ぎた(苦笑)。『宇宙刑事ギャバン』復刻映画のレビューに、丸々一本費やすという。
劇中ナレーションに象徴される生真面目さと熱量は、軽んじてならない要素だと何とかオチをつけました。

茨城に生まれて
茨城県という地域のくくりから、水戸と鹿島の関係性を考える。単なる「強豪と弱小」だけに
とどまらない何かがあるはず。なかなか明解な答えは出ないけど、雑に結論づけても先へ進めない命題です。

幻想と現実と夢
2012年3月9日に感じた事を書きつづる。震災から1年経って、自分を責めた所で始まらない。
かといって全て吹っ切ってポジティブに生きるというのも、バブル期の『ネアカ/ネクラ』論議ぐらいに不毛。
それぞれ重たいものを引きずりながら日々を闘い、前へ進んでいくのがひとまず「正解」に近いのかなと。

AS ONE
3月11日に行われたホームゲームの内容は無様(ぶざま)だった。でも勝ってみせた。
選手達が見せた「最高の格好悪さ」は観る者を励まし、水戸の一体感がまた強まりました。

記念競走
サッカーの裏方から、ボートレース(競艇)の裏方。素敵な転身を果たしたメンバーへ惜別の記念競走。
撤収後にKsスタのトラックを一周させ惨敗させる、ひどい内訳だったけどこれも愛だ(笑)

ホームタウンメモ・岡山編(滋賀支部レポートVol.2)
また岡山ネタだけどTifareヤングガンの象徴・283の素晴らしさが垣間見えるレポート。
彼にはサッカー選手の代理人を経験し、ゆくゆく水戸の社長になってほしいと勝手な願望を(笑)
大人の無責任な思惑はともかく、どんな場所のどんな役割であっても生き生きとやってほしい。283に幸あれ。

2009年の教訓
夏場に5位まで順位を上げ、最もJ1昇格へ近づいた2009年の分析は事あるごとに行ってきました。
それを野球の事例、中日ドラゴンズの弱小時代を引き合いに持ってきたのがこの回の特徴。
現在安定した成績を残している強豪も、少しばかりイケてない頃はあったと。中日ファンの方ごめんなさい!

イメージの貯金
生きるうえで「不安がよぎる」感覚は、誰にでもあります。それが自分を救ったり、窮地に追い込んだりもする。
欧州で活躍する長友選手や本田選手は、その辺のコントロールを高レベルで行っているのかなと。

情報酔い
「どの情報を得て、どの情報を捨てるか?」は現代社会の大きなテーマになっています。
この記事は私が『どの情報も捨てられない』状態に陥った顛末。老婆心ながら皆さんも気をつけましょう。

HOME
皆で作るホームスタジアム。お題目としては当然すぎるけど、実際にその雰囲気を出すのは至難。
水戸は現在も一歩一歩、その階段を登っています。どこかで踏み外さない事を切に願って。

右半分の心理戦
ベテラン同士によるギリギリの駆け引き。それは大人げない意地の張り合いにも見えるけど、守るべきものを
背負う男達だからこそ泥臭く闘える。隆行選手と水谷選手、一本のPKをめぐるドラマに心が熱くなりました。


新年あけましておめでとうございます!今年もホーリーホックとTifareをよろしくお願いします。
国立の舞台で塩谷司(広島)、小椋祥平(横浜M)という元・水戸戦士が対峙した天皇杯決勝も取り上げたい
テーマではありますが、今日は高校選手権で3回戦に勝ち上がった茨城県代表・『水戸啓明』について。

元の校名は『水戸短期大学附属』、我らが守護超人・本間幸司選手を輩出しました。
サッカー部監督の巻田清一さんは選手として帝京高→東海大→ NTT関東(現大宮アルディージャ)
→浦和レッズ→富士通川崎(現川崎フロンターレ)→水戸ホーリーホック、
さらにシンガポールでプレーした濃い経歴の持ち主。
地理的な面だけでなく、人物の縁も深いチーム。応援しない理由はありません。


県大会の決勝と全国大会1回戦をTVで観て、抱いた印象は「何か・・・リズムが変だぞ!?」
古きよき時代の直線的でガムシャラな空気感でもなく、近頃流行の欧州式プレッシング&パス戦術でもない。
ひと言で無理やり表すなら「南米」。しかもコロンビアのような、普段私達が見慣れないゲームさばき。

もちろん選手達は懸命にボールを追ってるけど、そこに悲壮感はあまり漂いません。
慌てない、慌てない。ゆったり構えてたと思えば、頃合いを計ってペースチェンジ。
いつの間にやらゴールを急襲、まんまと得点を奪い取る。対戦相手はやられた理由がうまく飲み込めない。

象徴的なのはスーパーサブで起用される俊足FW。スピードを生かして裏へのロングボールで押し込むのが
セオリーと誰もが考えるでしょう。しかし投入された当人は中盤でパス回しに参加したり、
最終ラインで守備のカバーリング。「仕掛けてこないの?」拍子抜けしている隙に前線へ上がり、
縦パスを受けて決定機を創ってしまう。確信犯なのか、自然な流れなのか。


この独特な引っかかり、ふと俳優の堺雅人さんに通じるような気がしました。
大ヒットを記録したドラマ『半沢直樹』で、主人公を演じた彼です。役者としての技量はもちろん
常に微笑をたたえているような表情から、こちらが受け取る安心感。そして不安感。

誠実そうに見えるけど、実は騙している?それとも騙されてる?
すべてを見透かした上で、あえて道化になっている?戦略?天然?
深読みしたら最後、気がつけば目は釘づけ。
単純な好き嫌いを超越した、油断ならざる何かを確かに持っています。

芝居で与えられた役柄に個性を殺される事なく、個性で役柄を殺す事もなく。
「絶妙」という言葉では形容しきれない、良い意味での「気持ち悪さ」を内包している。
上記の芝居=サッカー、役柄=戦術、個性=個人技に置き換えると少し分かり易いでしょうか。


『セクシーフットボール』で革命を巻き起こした、野洲高校に比べるといささかイメージは地味ですが
水戸啓明の持つ中毒性もなかなかのものです。「じわじわ来る」感じ、上手く命名できませんね。
『半沢サッカー』というのも違う。倍返し云々になる前段階で、ゲームを終わらせているので。
再放送で評価を不動にした『相棒』シリーズが近いか?・・・いやいや、堺さんあまり関係ないし(苦笑)

個人的には学生時代、『壬生義士伝』という映画で堺さんと共演してるんですよね。
もっとも彼は沖田総司、私は一場面だけ「エイエイオー!」と気勢を上げ行進する、その他大勢のエキストラ。
扱いはそれこそ天と地底だけど、同じ現場に居ただけで誇らしい。結局それを自慢したかっただけ(笑)
あの笑顔のまま人を斬る沖田総司、不気味で格好良かったなー。もう一度DVD見直そうっと!

by 小番頭・K


震災によるスタジアム損壊。苦渋の運営システム。クラブ消滅の可能性。
マイナス要素の数々を背負って運営に臨んだ2011年後半は、自分にとっても厳しい時期でした。
全体的に文章のクオリティや構成でもう少し何とかできた気もするけど、とにかく弱ってたという事で(汗)
以下12本、よろしければお楽しみください。


怒りのゴミ拾い
まあ何というか、ボランティアスタッフとして関わってきて、一番辛かった日を書きつづりました。
統率力のまずさを露呈して、試合にも負けて、せめてゴミ拾いぐらいは頑張ろうと決意。
今は「そういう事じゃないでしょ!」と突っ込み入れたくなるけど、
その場から溶けて無くなりたいほど無力感を抱いてたから、ひとまずそっとしておきましょう。

プロ野球オールスターゲーム・ボランティア報告
青空の下でキャッチボール。これほど平和を象徴する景色があるだろうか。
仙台の地で行われたプロ野球オールスターにて、全国のJボランティアが集結。素晴らしい一日でした。
でもその中には「本来出会えるはずだった」人々も含まれる事を、決して忘れてはいけません。

夢のツートップ
ピッチに元日本代表・鈴木隆行と吉原宏太が並び立つ。水戸の歴史が変わった瞬間。
お立ち台の吉原選手の目に涙。それだけでもう言葉は要りません。

きょうのホーリー君23
張り子のまち(?)福島県塙町。なかなかインパクトある写真が撮れました。
東北を車で遠征する際に立ち寄る道の駅には、毎回新作が展示され楽しませてくれます。
異能の漫画家・富永一朗氏ゆかりの地でもあるようです。『お笑いマンガ道場』世代の方もぜひ!

救命AED講習会
たまには真面目に活動報告しているぞ、という事で(汗)AED機器を前にしても焦らないかな?
勝ち負けに流されてしまいがちだけど、お客さんと自分達の安全が大原則なんですよね。

素晴らしき放送
個人的にスカパー観戦で最も楽しめた試合。内容はもちろん解説・上田滋夢(しげむ)さんが素晴らしかった。
真の『サッカー愛』とはこういう事かと、自分を恥じ入るばかりです。
ホーリーホック的には、MF鶴野太貴がアシストを記録。ほんの2年前なんだよなあ・・・。

10405031
水戸にとって「お金」がいかに大切なものか、改めて語った記事。
額面だけじゃなく使い方も大切と、全国各地のクラブが現在痛感しているでしょう。

ただいま。
補修のため巨大な足場を組まれ立ち入り禁止だった、メインスタンドがついに復活。
ボランティア宛に本間・吉原・隆行のビッグ3がメッセージをくれたんですよね。物凄く感慨深い一日でした。

左足が示したもの
アキレス腱断裂した方の足でシュートを放ち、決勝ゴール。私達はどれだけ吉原宏太という漢に救われたか。
クラブの非力さまでをも背負い、駆け抜けた9番の雄姿を決して忘れてはなりません。

古巣
ジェフで12年、ホーリーホックで8年。これが私のJリーグ歴です。
「自分語り」なテーマを、評価してくれた方がいる事に感謝!

『ホリスポ』バックナンバー紹介 (号外)
リーダーいのっち、DJ寺ちゃんとシーズンを振り返り、紙ベースに書き起こした史上最大のバカ企画。
これが後の『デイリー・ホーリーホック』にも反映されていくのだから、何でもやってみるもんだ。

スポーツ漫画近代史
サッカー漫画の御大・高橋陽一先生が、「水戸ホーリーフォクスの鈴木隆史」を描いてくれました。
昭和の時代と違い、実名を一応伏せなくてはいけないのですね・・・しかし胸スポンサーはそのまま。先生GJ!
とりあえず抜粋写真で、ベテラン戦士達の姿をお楽しみ下さい。


「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K


新戦力のニュースが舞い込むストーブリーグは、ワクワクとヒヤヒヤが混在する季節。
各チームの動向をチェックすると、選手の出入りが従来と少し違っている事に気づきます。
昨年まで積極補強してきたクラブが苦戦し、比較的地味な印象のクラブが期待株を引き当てる。

お察しの通り「3年連続赤字で退会」という、Jリーグライセンス制度が大きく影響しているかと。
運営や設備など『固定費』を削るのは難しいため、まず『変動費=強化費』から縮小せざるをえない。
「先の見通しは怪しくても、お金を使った者勝ち!」の時代は過ぎ去ったと言えるでしょう。


そんな中で水戸ホーリーホックは今のところマイペースというか、堅実な補強をしています。
「スタジアム要件を満たさないと、J1へ行けない」問題は確かにモチベーションに関わるけど、
1年後クラブが存続しているかどうかわからない不安より、受ける重圧は少ない。

夢を奪う感もあるライセンス制度を好意的に解釈すれば、『第二の横浜フリューゲルスを作らないための親心』。
ノーチェックで突っ走り続けた結果、数多くの選手とサポーターが行き場を失った悲劇を繰り返してはならないと。
だからといって、「厳しすぎるチェック機能で消滅するチーム」を作っていいのか?疑問は残ります。


昨年に続いてJ2ライセンスを交付された時、私達は全国の笑い者になりました。でも腐らなかった。
決まった事は受け入れるしかない。ルールの範囲内で精一杯の努力をするのみ。
ホームタウン活動を地道に行った結果、スタジアムが過去最高の盛り上がりを見せたのは勲章でしょう。

ここ数シーズンで急に出現した杓子定規を当てられて、困惑しているチーム関係者は各地にいます。
「お金が使えないなら頭を使え!」などと急に言われても、貧乏を知らない身体には酷かと。
しかしそんな事は、水戸が10年以上も続けている。『赤貧』にあえぎつつ生き延びてきた実例がここにあります。


財界と大口スポンサーの後ろ盾を得てジャンプアップを図る岐阜のように、危機の乗り切り方はそれぞれ。
これといった戦績を挙げてない以上、水戸のやり方が正しいと言うつもりはありません。
でも「ゆるやかな右肩上がり」を続けている今現在を、私達は心底楽しんでいます。それだけはアピールしたい。

契約更新の知らせを心待ちにしつつ、来季の闘いぶりに思いをはせる。
待つものは昇格争いか?中位停滞か?はたまた残留ミッションか?いずれにせよ重心をぶらさずやり抜こう。
ライセンス制度を逆に利用するぐらいの勢いで、周りが目を見張るような成長を遂げたいです。

「チカラをひとつに。 -TEAM AS ONE-」

by 小番頭・K

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。